広瀬すず

写真拡大

広瀬すず主演の青春サクセスストーリー『チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』の完成披露試写会が2月12日にお台場のTFT HALL 1000で行われ、広瀬をはじめ、中条あやみ、山崎紘菜、富田望生、福原遥、天海祐希、河合勇人監督が来場した。

この記事(『チア☆ダン』完成披露試写会)のその他の写真

2009年3月に、福井県立福井商業高等学校チアリーダー部が、全米チアダンス選手権大会で優勝したという実話をもとにした本作。この日は出演者たちと同世代となる10代を中心としたおよそ550人の観客が来場。まずは日本チアダンス協会が発足させたスペシャルチームTeam JCDAがオープニングアクトとして登場、迫力のパフォーマンスで会場を華やかな雰囲気に包み込んだ。その後、劇中のチアリーダー部JETSメンバーを演じた本作の女優陣が登場すると、会場は大盛り上がり。広瀬を先頭にしたランウェイウオーキングが行われると、大きな歓声が飛び交った。

レッドカーペットから、舞台挨拶のステージに立った広瀬は、「ちょうど1年前。初めてチアダンスの見学に中条あやみちゃんと一緒に行ったんですが、あのときはこの日を想像すらしていませんでした。こうやって映画を見ていただける日が来て、しあわせに思います。今日はぜひ楽しんで帰ってください」と挨拶。この舞台挨拶から合流した天海も「ここにいる彼女たち、ここに来られなかった彼女たちの青春の1ページをささげて頑張った作品です。この映画でひとりでも多くの方に、夢をがんばる背中を押せたらと思います」と付け加えた。

平凡な高校生が、たった3年で全米チアダンス選手権大会で優勝するまでに成長したという事実に「本当に夢のような、本当に奇跡のような話だなと純粋に思ってしまいました」という広瀬は、「初代のJETSが3年間、努力してきたもの、感じたものと、まったく同じものが見られるのか、(本作主人公の)ひかりと同じ熱量でいられるのか、不安はありました」と正直な思いを吐露。

ダンス初心者だった女優陣は、撮影に向けておよそ半年間にわたるレッスンを積み重ねてきた。そんな練習の日々を中条も「クランクインの前から顔を合わせて、ストレッチからはじめて、リズムをとったり。それからダンスの形になったと思ったら、新潟でクランクインしました。新潟でも、アメリカでもみんなで合宿のようにしていたので、だからこそ仲が深まったというか、3年間の部活を、半年(の撮影)でギュッとすることができたのかなと思います」と振り返った。

チアダンス部の顧問となる早乙女先生役の天海は、そんな彼女たちの姿を見て、「彼女たちは努力をする方向も、術も知っているというか。なぜ努力をするのか、という理由も分かっているので、見ていて不安はなかった」と述懐。「これだけの女の子が集まっているから、どこかで何かが勃発しないかと思って目を光らせていたんですが、みんな秘かなライバル心を燃やしながらも、とても仲良くて。いい意味で競い合いながら撮影したんじゃないかなと思います。これから芸能界を背負っていく女優さんだからとても楽しみですね。みんな根性があるから」と続け、目を細めた。

最後に「特に同世代の会場のみなさんは、わたしたちと同じ目線で、これから大人になって、いろんな未来が待っていると思うんですけど、その中で夢がかなったとしても、努力をし続けるということの大きさをこの映画で演じていて、強く感じました」と切り出した広瀬は、「ありがたいことにわたしも、すごく好きな世界にいさせてもらえている。だからこそ努力をしないといけないなと思ったし、夢を口に出すことがすごく大きいことだなと思う。もちろんいろんなつらいことだったり、悩みもあると思うんですけど、自分を信じながら、まわりの家族や友だちといった信用できる人を見つけて、話すことで大きくなると思います」と会場に呼びかけていた。

『チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』は3月11日より全国公開となる。