エブリング!からの“卒業”を発表した木戸衣吹(左)と山崎エリイ(右)/撮影=斉藤明

写真拡大

女性声優・木戸衣吹(いぶき)と山崎エリイによるユニット・every♥ing!(エブリング!※「y」と「i」の間にハートマークが入る)が2月12日、1stアルバム発売記念東名阪ツアー「every♥ing! Fantasia-Show 2017 〜Lesson2 Sweet 19 Dream〜」のファイナル公演を東京・品川ステラボールにて開催。その中で、ことし11月にユニットを“卒業”(活動休止)すると発表した。

【写真を見る】卒業発表後、涙を流しながら抱き合うふたり/撮影=斉藤明

'14年6月に“現役女子高生ユニット”として結成されたevery♥ing!は、同年8月に「ゆめいろ学院校歌」にてCDデビュー。当初は高校卒業までの期間限定ユニットと構想されていたが、好評につきふたりが20歳になるまでプロジェクトの継続が決まり、木戸と山崎は声優、および歌手としてのユニット活動を両立してきた。

しかし、ふたりの20歳の誕生月であることし11月をもってユニット活動はついに休止となることに。11月26日には東京・中野サンプラザホールにて「卒業コンサート」が行われることも合わせて発表されている。

今回の“卒業”は、アンコール中に「ここで皆さんに言わなければならないことがあります」と切り出した木戸衣吹より発表された。

「私たちはevery♥ing!を卒業します」と続けた木戸は「本当に皆さんの応援がなかったら、ここまで来られませんでした、本当にありがとうございました。“卒業”した後も、私たちは個々に活動していきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」と涙ながらにファンに報告。一方、山崎エリイは涙で言葉を発することができなかった。

終演後、ふたりは「夢の品川ステラボールでのコンサートができて、本当にうれしいです。11月26日は私たちらしく終わることが出来ればと思います」(木戸)、「高校生からスタートしたevery♥ing!の活動がきょうここまでこれたのは皆さんのおかげです、ありがとうございました」(山崎)と、それぞれコメントしている。