11日、「マダム・タッソーろう人形館」に今年新たに加わる最初の一体として、中国の若手俳優ヤン・ヤンが選ばれた。

写真拡大

2017年2月11日、「マダム・タッソーろう人形館」に今年新たに加わる最初の一体として、中国の若手俳優ヤン・ヤン(楊洋)が選ばれた。網易が伝えた。

【その他の写真】

上海市の人気観光スポットの一つ、「マダム・タッソーろう人形館」に、人気俳優ヤン・ヤンが新たに加わることに。このほどロンドン本部から専門家が派遣され、顔や身体を細かく採寸する作業が行われたほか、宣伝写真も公開された。

上海の「マダム・タッソーろう人形館」は、06年5月にオープン。上海館は世界で6番目に誕生したもので、当時は候補となった世界の約30都市の中から選び抜かれている。なお、同館に展示されるろう人形は、いずれも厳しい人物審査をクリアした著名人のものに限られる。芸能人の場合は、突出した人気と実力を備えているかどうかや、社会への影響力や貢献度の高さなどが基準となっている。

ヤン・ヤンは08年、ドラマ「紅楼夢」でデビュー。端正な顔立ちの美少年ぶりで世間を驚かせ、その後も映画やドラマで活躍中だ。(翻訳・編集/Mathilda)