「一度見たら忘れらない」男のマグショット(出典:http://wavy.com)

写真拡大

米ワシントンD.C.で身柄を拘束された犯罪者のマグショットが話題を呼んでいる。タトゥーの入った顔、ドレッドヘアの容疑者などアメリカなら見慣れた姿だが、この男の場合は何かが違う。一度見たら忘れられない顔なのだ。

この男は1999年にノースカロライナ州で児童性的暴行事件を起こして有罪となったほか、7つの州で短期的な滞在を繰り返しながら違法薬物所持、性的暴行、暴行など数々の罪を犯していたマシュー・エゼキール・ステイジャー(45)。再びの児童性的暴行事件をテキサス州オースティンで起こし、2012年12月にバージニア州で逮捕されるまでのらりくらりと逃亡生活を続けていた。

「アダム・ウォルシュ児童保護安全法」に基づき懲役5年の実刑判決を受け、今月2日にテキサス州にある拘置施設に送還されることになったステイジャー。しかしバージニア州ピーターズバーグの連邦刑務所からリッチモンド国際空港に移動した後、飛行機に乗らず行方をくらませていた。そのため米連邦捜査局より指名手配となっていた中、ワシントンD.C.にて8日に身柄を拘束されたことを『wavy.com』が伝えている。

極めて薄くなっている赤茶けた髪を、ドレッドヘアを意識してか無理やり三つ編みにすること数か所。顎ヒゲの量はそれより立派だが同様にネジリが入っている。そして注目すべきは顔面を覆うタトゥーであろう。ごく薄い眉毛にはドットが添えられ、下瞼にはボロボロと黒い涙が流れ、唇はまるで壊れたファスナーのよう。非常に危険な常習的犯罪者でありながら、すべてのタトゥーが幼児にイタズラでもされたかのような情けないデザインである。

警察が市民に向けて公開しているマグショット。それ自体がメディアの話題に上ることがある。フロリダ州で動物虐待致死容疑につき逮捕されたレイ・コマーという男は靴も履かず歯もボロボロ。髪には大量のシラミが発生していた。そのため異例の白いヘアーキャップをかぶった姿で撮影に臨んでいる。

“変人”による犯罪が多いのはなんといってもフロリダ州。マイアミ・デイド郡の警察が公開したケヴィン・ギブソンという麻薬犯のマグショットに人々は仰天した。左側だけに毛むくじゃらなヒゲを生やしており、右から見た人相と左から見た人相は別人であったという。

また、こちらは凶悪犯罪者でもイケメンなら許される!?という話題である。長身に男らしい骨格、厚い唇、そして鋭さと陰りが混在するブルーの瞳。全米の女性が「セクシー」と騒ぎたてたのはジェレミー・ミークスという6つの重犯罪に問われた男であった。そして仮出所した彼を待っていたのは「White Cross Management」という有名モデルエージェンシー。鍛え上げられたマッチョなボディと精悍な顔つきでポーズを取るミークスの写真はSNSでも大きな話題となっている。

出典:http://wavy.com
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)