Doctors Me(ドクターズミー)- 便秘は美肌の大敵!? 便秘を解消して美肌も手にいれたい!その対策とは?

写真拡大

便秘になると、ニキビができたり肌荒れしてしまうという話を聞いたことはありますか?
今回は、便秘と、ニキビなどの肌荒れの関係について、医師に詳しく話をきいてみました。

便秘になると、どうして肌荒れ・ニキビが発生しやすくなるの?

便秘で本来排泄されているべき古い便が長い間腸内に居座り続けると、腐敗し有害なガスが発生します。
このことにより善玉菌が減少・悪玉菌が増加し、私たちのだれもが持っている「腸内細菌叢(さいきんそう)」のバランスがくるってしまいます。

すると腸内に発生した有害な物質を分解しにくくなり、腸内環境はさらに悪化、と悪循環するようになります。

こうなると、善玉菌が産生している、ビオチンをはじめとしたビタミン類の産生量が落ち、悪玉菌が肌をはじめ全身の老化に関係するといわれている活性酸素の産生を促進してしまいます。これが肌の状態を悪化させてしまう原因としてあげられます。

便秘を解消して、肌荒れを改善するには?

便秘を解消し、肌の状態を改善させるためには、以下のことを守りましょう。

1.食事の改善
・水分をしっかりとること
・食物繊維を十分に摂取すること
・極端に油物を控えたり、絶食に近いようなダイエットはやめる
・三食、規則正しく摂取する
・腹八分目を心がける


また、体質によって、コーヒーを飲むと便通が促される、という方もいますが、コーヒーに含まれるタンニンでむしろ便秘が促進されるといったケースもあるように、食べ物によっては効果が個人差で逆になってしまう場合もあるといわれています。

2.生活の改善
・夜更かしを避け、できるだけ規則正しい生活を送ること
・睡眠をしっかりとる
良質な睡眠を十分とることは、お肌を回復させるためにも、便通にも関連する自律神経のバランスを整えるためにも重要なことです。
・身体を動かすこと
忙しい日々の中でなかなか時間が取れない場合も、一駅歩く、できるだけ階段を利用するようにするといったことでも構わないので取り組んでみましょう

医師からのアドバイス

ニキビに悩んでいて便秘もある、という場合でも「思い返してみれば、以前はそれほど便秘はなかったかも…」というかたもいらっしゃるのではないでしょうか。
便秘予防の食事、生活習慣は、通常の健康習慣としても大切なものが多いですので、どんどん取り入れていきましょう。

(監修:Doctors Me 医師)