オトコは母性本能に弱い…!?男性が女友達を好きになってしまう瞬間

写真拡大



こんにちは、恋愛カウンセラーの木田真也です。

男性にとって、恋愛対象外な女性と言うのは案外少なく、恋に落ちるきっかけは些細なことだったりもします。

それは、長年友達同士の関係であってもそうです。

気の合う異性の友達、気を使わないでいられる異性、そんなふうに思っていた女友達が、ある日突然、「女」として見えて、好意を持ち始めることもあるようです。

今回は、男性が女友達を好きになるタイミングについて、代表的なものを4つお伝えしていきます。

■1.劇的なイメチェンをしたとき

女性が、長かった髪を切るとか、ずっとメガネだったところをコンタクトに変えるなど、劇的なイメチェンをした時に、「女」として意識し始めることはよくあることです。

男性は、外見から、恋愛対象外かどうかを見分けるもの。劇的なイメチェンで、女性が突然、恋愛対象内に入ってくることで、一気に意識が変わるようです。

その変化は劇的であればあるほど、効果的です。

たとえば温泉などで浴衣を目にしたとき、久しぶりに会ったら痩せてきれいになっていたときなど、ファッションやスタイルを変化させるだけで相手に意識してもらえるかもしれません。

■2.周りから「付き合った方がいい」と言われたとき

周りから「仲いいね」とか、「ふたりは付き合ったら絶対うまくいく」と言われ続けていると本当にそんな気になってくるものです。

男性も最初は否定していても、だんだんと心の中で相手の女性を意識してしまい、「女」として見るようになるでしょう。

もし男友達を好きになってしまったら、周りの協力を得ると、関係が進展しやすいかもしれません。

■3.他の男性と仲良くしているのを見て嫉妬したとき

ただの女友達として接していたのに、女性が他の男性と楽しそうに話している場面を見て、なんとなく気分が悪くなったとき…。男性は「もしかして、俺ってこの子のこと好きかも??」と気づくのです。すると、相手を意識し始めてしまい、考えれば考えるほど、「女」として見るようになって、好きになってしまうでしょう。

もともと男性は狩猟本能があるので、手に入らないものを手に入れたくなります。それまで、女友達で仲が良かった相手が、他の男性に取られるかもしれないといったとき、思わず気持ちが盛り上がるのかもしれません。

■4.本当につらいときに、優しくされたとき

普段は、お互いダメ出しをし合ったり、楽しいことだけを共有し合う関係。

だけど、本当に自分が辛いときに、真剣に話を聞いてくれたり、優しくしてくれるような女性。そんな普段とのギャップから、男性はグッとくるものがあるのでしょう。

それに、弱っているときには男性の自尊心も下がっているので、つい手を差し伸べてくれた女友達が、「女」に見えてしまうことがあるようです。

男性は母性を求める傾向があるので、結局は優しくされると弱いのです。

■おわりに

いかがだったでしょうか?もし、男友達を好きになってしまった場合、上記のポイントを意図的に演出することで、恋人関係になることができるかもしれませんよ。

今後の参考になさってくださいね。(木田真也/ライター)

(ハウコレ編集部)