妊娠がわかった途端「栄養のバランスを考えて食事をするようになった」という話をよく聞きます。そして初期の妊婦さんに必要な栄養素として、特に注目されているのが“葉酸”です。葉酸はビタミンのひとつですが、ビタミンCなどと違い注目度がやや低めの栄養素。ここでは妊婦さんに葉酸が必要な理由と、いつ頃から意識して葉酸を摂ればいいのかを調べてみました。

“葉酸”は妊婦さんにとって必須の栄養素

葉酸はビタミンB群のひとつで水溶性のビタミン。「血を作るビタミン」とも言われ、赤血球を作る働きもありますが、タンパク質の合成に働きかけ細胞を分裂させ体を成長させる役割も担っています。私たちヒトの一生でもっとも細胞分裂が激しいのは胎児の時、しかも初期。妊娠に気づかないくらいの初期に、すでに胎児の神経分裂は始まっていますから、妊婦さんは妊娠前より多くの葉酸が必要になるのです。

特に脳や脊髄のもとになる神経管は妊娠のごく初期に作られます。この時期に葉酸が不足していると、これらの臓器が正常に作られず「神経管閉鎖障害」のリスクが高くなることも。しかし、充分な量の葉酸を摂取すれば、神経管閉鎖障害のリスクが低くなることも分かっているため、欧米では妊娠がわかると葉酸サプリメントは保険適応で購入できる国もあるくらいなのです。

妊婦さんはどの位の“葉酸”が必要なの?

厚生労働省が推奨する、15歳以上の成人男女の葉酸の摂取量は1日あたり200μgですが、妊婦さんにはその倍の400μgの摂取を推奨しています。日本人はどの年齢でも葉酸が不足する傾向にあり、プレママが1日に400μgの葉酸を摂るには、かなり意識して摂取する必要があるでしょう。葉酸はほうれん草などに多く含まれてますが、水溶性のビタミンなので、茹でると葉酸の量が半減します。400μgの葉酸を摂るには、1日に7束ものほうれん草を食べる必要があり、他にも葉酸は春菊やニラ、カイワレ大根、キャベツなどの野菜やレバーにも多く含まれていますが、不足する分はサプリメントで補給するのが現実的です。

妊娠を望むすべての女性が摂取すべき葉酸

厚生労働省でも妊娠を計画している女性に対して、妊娠の1ヵ月以上前から妊娠3ヵ月まで、葉酸やその他のカルシウム、ビタミンを含むバランスのいい食事を取ることを推奨していますが、実際は妊娠を望む全ての女性が予め摂取しておくべき栄養素といえるでしょう。なぜなら妊娠初期というのは自分でも気づかない場合も多く、後から栄養素を補うことはできないからです。赤ちゃんを望んでいるのであれば、いつでも自信を持って赤ちゃんを迎えられるように、妊娠するずっと前から準備をしておくのが正解です。


writer:サプリ編集部