3DS療法の専門外来を担当する山田秀則助教(左)

写真拡大

 虫歯や歯周病の原因菌が、生活習慣病を引き起こす発症リスクになることがわかっているため、今後は虫歯や歯周病を直接治療するだけに留まらず、「予防歯科」の必要性がますます高まってくる。

 歯科医の多くも「歯を治療するだけ」というアプローチではすまない時代になったことに気づいている。治療を受ける患者の方も健康に留意する人であればあるほど同様のイメージを共有している。

 鶴見大学歯学部付属病院(神奈川県横浜市)では、3DSという治療法を用いて、歯科治療のみならず、全身疾患の予防を目的に画期的な専門外科を開設している。

口腔内には700菌種、10億個以上の雑菌

 日本では成人の約8割が歯周病にかかっていると言われている。歯周病は、口の中に感染した歯周病菌が増殖することで起こり、放置しておくと歯を失うだけでなく、全身疾患の病気を引き起こす発症リスクになる。
 
 歯周病の原因と生活習慣病の関係を、同大学歯学部・探索歯科講座の山田秀則助教は次のように語る。

「歯周病菌の多くは、酸素を苦手とする嫌気性菌で、バイオフィルムというバリアを張り巡らして、歯の周囲に定着します。それが歯垢となり、歯肉に炎症が起こるのが歯肉炎です。さらに進行すると歯と歯肉の隙間の歯周ポケットが深くなるのが、歯周炎です。歯周ポケットが深くなると、歯周病菌の絶好の住みかになります。炎症が歯の根元まで広がると、歯を支えている歯槽骨(しそうこつ)が溶けてしまい、その結果、歯を失うことになるのです」。

 虫歯や歯周病は、一言で言えば「口の中にできた"傷口"」と山田助教。傷口から菌が全身にまき散らされることで、生活習慣病を引き起こされるのだという。

「口腔内には、700菌種、10億個以上の雑菌がいます。普段は悪さをしませんが、血流に乗って、全身に広がると菌血症となって、血管などに慢性炎症を引き起こし、全身疾患に悪影響を及ぼします」(山田教授)。

 歯周病と関係がある主な病気のうち、2型糖尿病は、抵抗力が落ちるので歯周病になりやすい。逆に歯周病があるとインスリンの働きを悪くして、糖尿病を悪化させるという、悪循環を引き起こす。他に高血圧や動脈硬、心筋梗塞、脳卒中、肺炎、がん、認知症(アルツハイマー型)、関節リウマチ、内臓脂肪型肥満(メタボ)、妊婦の早産・低体重出産、誤嚥性肺炎などが挙げられる。
定期的な歯石除去でも減らない歯周病菌には3DS

 歯周病の進行を防ぐのは、毎日の歯磨き。しかし歯磨きだけで歯周病菌を減らすのは、限度がある。

「歯垢が硬くなった歯石は、歯科で定期的に除去してもらうことが大切ですが、それでも歯周病菌を激減できない。そこで除菌治療を推奨しています」(山田助教)。
 かつて除菌予防として「フッ素を塗りましょう」とフッ素を広める運動があった。フッ素の効果を同大歯学部・花田信弘教授が次のように語る。

「歯の表面を形成するハイドロキシアパタイトやフルオロアパタイトのミネラル(カルシウム、リン酸ならびにフッ化物)はそれぞれイオンとして唾液中にも存在します。これらのミネラルは歯の構成成分と共通するので共通イオンと呼びます。

 口腔では、歯と唾液の共通の構成成分であるカルシウム、リン酸ならびにフッ化物が平衡状態を保っています。平衡状態にある反応系の中で共通イオンの濃度を変化させると、その変化を相殺する方向へ平衡は移動する原理が示されています(ルシャトリエの原理)。

 つまりカルシウム、リン酸ならびにフッ化物イオンを外部から加えると、そのイオンは歯面に沈着して『変化を相殺する方向』へと化学反応が進みます。この現象を共通イオン効果と呼びます。共通イオン効果によりカルシウム、リン酸ならびにフッ化物が歯の脱灰部位に再沈着するのが再石灰化という現象です」

 歯の共通イオンであるカルシウムイオン、リン酸イオンを唾液に追加して再石灰化を促進することを期待するのがリカルデント(モンデリーズ・ジャパン株式会社)、キシリトール+2(株式会社ロッテ)やポスカ(江崎グリコ株式会社)などの再石灰化促進ガムです。同じく歯の共通イオンであるフッ化物イオンを利用して再石灰化を期待するのがフッ素ガム(株式会社明治)や各種歯磨剤に配合されている『フッ素』です。このようにフッ素の一般的な効果は再石灰化促進効果です」。

 またフッ素塗布の医療状況は、かなり普及していると花田教授。
「フッ素塗布はフッ素洗口と違い、医療行為です。自費診療はありますが、普通は保険点数がつかないと医療はできません。昨年の4月に診療報酬改正が行われエナメル質初期の診断がつけば、フッ素塗布 が可能になりました。現在、フッ素塗布は急速に歯科診療所で普及中です」。

 同病院で実施している3DS治療法の3DSとは「デンタル・ドラック・デリバリー・システム」の略称。花田教授が、国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)在籍時代の1999年に開発した治療法だ。

「3DSは、歯型に合わせたマウスピースを作り、その内側に抗菌薬を縫って、歯に塗装する除菌法です。イタリアの研究データでは、歯周病の治療をして2カ月間、除菌治療をすると、初期の動脈硬化が改善することが確認されています。予防治療が進んでいるアメリカでは『プリオプロテクト』、韓国では『オーラルパック』という除菌法を盛んに取り入れています。このように世界的に、歯周病予防の重要性が浸透してきています」(山田助教)

 では3DSの治療法によって、生活習慣病はどのくらい改善されるのだろう?
(取材・文=夏目かをる)

花田信弘(はなだ・のぶひろ)
鶴見大学歯学部 探索歯学講座教授。歯学博士。
九州歯科大学卒業後、ノースウェスタン大学微生物・免疫学研究室に留学。国立感染症研究所口腔保健部部長、国立保健医療科学院口腔保健部部長などを経て、2008年より現職。歯原性菌血症および内毒素血症の予防を中心に「微生物と健康の関係」について基礎と臨床の研究をしている。内閣府消費者委員会専門委員(2010年4月〜)日本歯科医学会学術委員会副委員長(2013年10月〜)など

山田秀則(やまだ・ひでのり)
鶴見大学歯学部 探索歯学講座助教。歯学博士。1989年鶴見大学卒。予防歯科分野で研究を進める。同大学付属病院では3DS療法の専門外来などを担当している。所属学会としては口腔衛生学会、日本公衆衛生学会など。