人生で注意すべき年?女性が厄年にやるべきこと&やってはいけないこと

写真拡大

女性の厄年について解説していきます。
よく聞く語呂合わせである42歳は「死に」33歳は「散々」以外にも、厄年は長い人生の中で幾度も遭遇する年です。
厄年の過ごし方、厄年の注意点などをここでは紹介していきます。

●厄年って?

そもそも厄年とはなんでしょうか。
厄年とは文字通り、災厄に合いやすいといわれる年齢(年) のことです。

厄年の起源は陰陽道にあると言われていますが、はっきりとした根拠は不明です。
ただ平安時代に執筆された「源氏物語」や貴族の日記にも、特定干支の年を警戒する記述がみられます。
このことから日本人にとっては、古くからの関心事であったことは間違いないでしょう。

科学的根拠はなく迷信・経験則に基づいた、一般的な風習と考えられています。

●女性の厄年は何歳?

厄年は男性・女性で異なります。

ここで注意してほしいのは、年齢の数え方です。
厄年は満年齢ではなく、数え年の年齢で数えます。
数え年とは「母親のお腹にいる月日」も年齢に加算 されます。

つまり、生まれた時点で0歳ではなく1歳と数えるのです。
間違えないでくださいね。

その数え年で女性の厄年は、19歳、33歳、37歳、61歳とされています。

だた61歳の厄年については地域や宗教で違いがあり、男性のみ厄年とされることもあります。

いずれにしても、人生で4回は厄除け・厄払いなどを受けて、悪いことが起きないよう努めた方が安心できますね。

この年に加え、前後1年ずつを前厄・後厄といって、こちらも警戒すべき時期とされています。

まとめると以下の通り、女性の厄年は合計12年に渡ります。
想像以上に長い期間に感じるのではないでしょうか。

一度目:18歳(前厄)19歳(本厄)20歳(後厄)
二度目:32歳(前厄)33歳(本厄)34歳(後厄)
三度目:36歳(前厄)37歳(本厄)38歳(後厄)
四度目:60歳(前厄)61歳(本厄)62歳(後厄)

その中でも、最も大きな苦難に見舞われると考えられているのが、二度目の厄年。
この年は「大厄」 と言われ、特に気を付けるべき年と考えられています。

●厄年にやるべきこととやってはいけないこと

何度も言いますが、厄年に科学的根拠はありません。
とはいえ古くからの風習ですから、まったく気にしない訳にもいきませんね。
ここからは、一般的に言われている厄年に「やるべきこと」「やってはいけないこと」を取り上げます。

●やるべきこと

厄年が心配な方はぜひ、神社仏閣で厄除け厄払いの祈祷をお願いしましょう。
何も対策をせず何かあってから後悔するよりも、事前にできることはやっておいた方が気持ちに余裕が生まれます。

実際に近所の神社で厄払いをしたとき、祝詞が読み上げられ祈祷をしてもらい、自然と荘厳で厳かな気持ちになりご利益を感じました。

また厄年は「人生の節目」 とされ、体調を崩しやすく精神的にも不安定になりがちな時期でもあります。
体調管理には細心の注意を払った方がよいでしょう。
もともと不安な病気があるのならば、思い切って病院で検査を受けてみるのもおすすめです。

●やってはいけないこと

一般的には何か新しいことを始めてはいけないとされています。
結婚・家の新築・引っ越し・転職などが該当します。

しかし厄年だからと気にしすぎるのも考え物です。
例えば、「真剣交際している相手からプロポーズをされた」「栄転の話がある」といった場合に、厄年だからと断ってしまうとせっかくのチャンスを逃すことにつながります。

ですから厄年の女性が本当にやってはいけないことは、厄年を気にしすぎて消極的になったり、過剰に神経質になる ことです。

厄年だからと落ち込んだり些細な事でイライラしたりしては、負のスパイラルに陥りかねません。
新しいことを始めるときは、よく考え慎重に決断すれば良いのです。

----------

いかがでしょうか。

厄年といっても、なんでも避ければ良いというものでもないのです。

筆者自身、前厄の年に転職し、本厄の年に家を建て、後厄の年に出産しました。
厄払いはしっかりと行い病院での検査もして、現在つつがなく生活しています。

科学的根拠のあるものではありませんから、厄払い をして気持ちよく毎日が過ごせるように努力すればよいのです。

大きな決断をするときも、いつもより少しだけ慎重に。
自分自身や家族を大切に、気を配って生活していけば問題なく過ごせるはずですよ。