FC東京は12日、九州大学選抜と練習試合(45分×2)を行い、2-1で勝利した。1本目を1点ビハインドで終えたが、後半37分と終了間際の同アディショナルタイム2分にMFネイサン・バーンズがゴールを奪って、逆転勝ちした。

 別会場ではサンフレッチェ広島と練習試合(45分×2)を行い、0-0で引き分けた。こちらにFW大久保嘉人ら主力組が出場したが、無得点に終わった。FC東京はここまでプレシーズンの連勝を続けてきたが、連勝は6で止まった。

 また広島はツエーゲン金沢とも練習試合(45分×2)を行った。2本目の21分までに2点の先行を許す苦しい展開となり、2本目の42分にMF清水航平のゴールで1点を返したが、1-2で敗れた。広島もプレシーズンの連勝を続けていたが、FC東京との引き分けで連勝が止まると、金沢には初黒星を喫した。


●2017シーズンJリーグ全クラブ練習試合