新潟、アメリカなどで撮影

写真拡大

 映画「チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」の完成披露試写会が2月12日に開催され、主演の広瀬すずをはじめ、中条あやみ、山崎紘菜、富田望生、福原遥、天海祐希、河合勇人監督が舞台挨拶に登壇した。

 映画は2009年に福井商のチアリーダー部JETSが全米チアダンス選手権で優勝を飾った実話を映画化。ほとんど素人の集団が鬼コーチの下、結束を強め、努力を重ねて成長していくさまを描き出す。

 レッドカーペットに広瀬らが登場すると、会場は悲鳴のような歓声に包まれた。最年少の富田が自撮り棒を抱えて観客と一緒に撮影を楽しみ、キャスト陣の仲の良さをうかがわせた。

 広瀬は1年前に初めてチアダンスの見学に足を運んだと明かし「今日という日が来るのを想像することすらできなかった」と述懐。「高校生活の3年間を、1か月半くらいで撮影し、その中にいろんな人の強い思いや切なさもあり、『楽しい』ということが笑うだけの楽しさではない現場でした」と感慨深げに振り返った。

 中条は「約半年、何かしら練習があり、クランクインする前から毎日のようにみんなと顔を合わせ、新潟、アメリカとずっと一緒で合宿のようだったし、だからこそ仲が深まった」と語る。山崎は特に、アメリカでの撮影について「全米大会のシーンは最後の最後の撮影で、みんなでアメリカに行きました。それまでのこと、大変だったことを思い出して踊って、グッとくるものがあり、踊りながら本当に泣きそうになりました」と明かした。

 メンバーの中でもムードメーカーは「すずちゃん」(福原)とのことだが、一番うるさいのは? という問いに広瀬が「私と紘菜ちゃんです(笑)」と自己申告。中条が「いつも2人でイチャイチャしてるんです(笑)」と明かした。

 鬼コーチを演じた天海は、そんな彼女たちについて「努力する方向性も術も、しなくてはいけない理由もわかってるので、見ていて不安がなかった。女の子がこれだけ集まって、何か勃発しないか? と見てたけど(笑)、いい意味で競い合っていました。これからの芸能界を背負って立つ女優たちですから、みんな根性あります!」と称賛を送っていた。

 「チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」は3月11日より公開。