マンガや映画でときにさりげなく、ときに情熱的に彼女を愛する男子は憧れの的。現実にそんな恋愛相手を期待するのはムリなのでしょうか? でも女子ならきっと誰でも、「彼にこんな風にして欲しい!」という憧れや願望があるはず。そこで今回は彼にして欲しい、愛情ジェスチャーをまとめてみました。

1: 大きな腕で彼女の体を包み込むように抱きながら、歩く

とりわけ寒い時期、彼と歩くときは距離も縮みがちですが、寒さや風から守るかのごとく、彼が大きな腕で体を包み込んで寄り添って歩く、というのは素敵なもの。密着度高めなことからも愛情がしっかりと伝わってくるジェスチャーと言えます。

2: 必要なとき、いつでもさりげなく手を差し伸べてくれる

目の前のドアをさっと開けてくれたり、重い荷物を持ってくれたり……そんな“ジェントルマン”振りをさりげなく発揮し、困っているときはいつでもすぐに手を差し伸べ、助けてくれる。普段から気の利く彼だからこそ、あなたが今助けを必要としているときかどうか、瞬時に察知する能力を持っているのです。

3: 指先の密着度がたまらない、“恋人つなぎ”をしてくれる

ベタかもしれませんが、やっぱり嬉しい恋人つなぎ。指先までしっかりつながり、彼の手の大きさやぬくもりが伝わります。手には人を癒すヒーリングパワーもあると言います。
たとえば、泣いている子どもに母親が「いい子、いい子」と体や頭をさすることで気持ちが落ち着くように。恋人同士でも手と手をつなぐことで、心が癒され、穏やかな気持ちになることは間違いありません。

4: グッとハグしてから体を離すとき、いかにも名残惜しそうにする

彼がギュッとハグしてくれたらそれだけでも十分嬉しいけど、そのまましばらく動かず、やがて名残惜しそうに体を離す、というその一連のアクションに、言葉にならない彼の愛情を感じます。

5: 両手で彼女の顔を包んで、おでこにキス

フレンチキスのような官能的で情熱的なキスだけが、いいキスではありません。彼女の顔を両手ですっぽり覆うようにし、おでこにキスなんて、プラトニックなキスもじつは十分ロマンティック。彼の“君のことを大事にしたい”という気持ちが伝わる、愛情ジェスチャーです。

6: 耳元でドキッとするようなことをささやく

耳って意外と敏感なセクシーパーツ、そんな耳元に口を寄せて、なにかドキッとするようなことをささやく……そんな意外性のあるジェスチャーにすっかり女心をもっていかれる、という人も。シャイな男子にとってはハードルが高いかもしれませんが、不意打ちのサプライズで彼女を驚かせてみましょう。

7: 一緒にダンスしてくれる

家で誰もいないときや、気分が高揚したとき、思わず体が動いて踊ってしまうことってありませんか? たとえそれが奇妙奇天烈なダンスでも踊っている本人は気持ちいいし、最高のストレス解消にもなるのです。そんなダンスに彼も付き合ってくれたら、信頼感も一層アップ! 他人には見せられなくても、恋人なら見せられる、そんな安心感が生まれます。

女子はやっぱりロマンティックなことが大好き、彼を愛すればこそ、そんな愛情が感じられるジェスチャーを求めているのです。マンネリカップルにならないためにも、日々これらのことを意識してみてはいかがですか?