【大阪オートメッセ2017】手頃な価格で運転もラクな軽キャンパー「ぷちキャン」

写真拡大 (全9枚)

ぷちキャンからフィッシング仕様の軽キャン新登場

カーショップアシスト(これにより車内のキャンピングカー装備は荷物の扱いとなり、8ナンバー登録・構造変更が不要になるメリットがある。  

また、キャンピングカー装備を架装したコンプリートカー販売のほかに持ち込み車両への架装、ぷちキャンの取扱店を通じたキット部品販売も行っているので、手軽にキャンピングカーを手にすることができるのも魅力だ。

ぷちキャンシリーズの最新モデル「ぷちキャンTRY供淵肇薀ぁΕ帖次法廚蓮天井部のラックを省略し、マルチルーフバー(サイド・センター)+スズキ純正オプションのロッドホルダーを架装することで、キット価格を抑えながらキャンプにもフィッシングにも使える至れり尽くせりの仕様となっている。  

ぷちキャンTRY競ット(39万8000円※税別・取付工賃別)に加え、走行充電器・ボルトメーター・調光一式やサイドオーニングなどのオプション装備を追加することで、ニーズに合わせた理想の軽キャンパーを仕上げることができる。※撮影車両の本体価格は240万8350円(ベース車:エブリイ・ジョインターボ)。

4人就寝可能な軽キャンパーも出展

「自分だけの小さな別荘(ヴィラ)で特別な時間を過ごしてみませんか?」のキャッチコピーで作られた「ぷちキャンVILLA(ヴィラ)」に、若者をターゲットにデニム地のシート生地を採用した仕様がコチラ。さらに、ジェファー・ジャパンのルーフテント(35万5000円※税別)を備えることで、乗車定員・就寝定員ともに4名を実現。通常の軽キャンパーは定員4名+就寝定員2名となるが、ルーフテントの追加で4名の就寝スペースを確保している。※撮影車両の本体価格は330万3050円(ベース車両:エブリイ・PCリミテッド レーダーブレーキサポート装着車)。

そして「ぷちキャンVILLA(ヴィラ)」のスタンダード仕様(キット価格49万8000円※税別・取付工賃別)。ポップでナチュラルなテイストのシート・ベッドマット生地(カラー)を取り入れ、ラックもツートーンのナチュラルウッドを採用。まさに別荘に滞在しているかのような心地よい空間を演出している。

ベッド展開も非常に簡単で純正のシートアレンジ+ベッドマットを敷くだけで、誰でもラクに就寝スペースを作り出すことができる。※撮影車両の本体価格は314万5900円(ベース車両:エブリイ・ジョインターボ レーダーブレーキサポート装着車)。  

この就寝スペースは奥行きに最長1900个離好據璽垢鮴瀋蝓ベッドマットはしっかり寝心地を確保した上で厚みを抑えているため、十分な頭上空間も確保している。

バンコンバージョンタイプ(ハイエースやミニバンなど)と比べても非常にリーズナブルな軽キャンパーだが、さらに手軽に購入できるようにと設定した、ぷちキャンシリーズ。思い立ったらすぐに出かけることができるカジュアルさと、軽自動車ゆえの取り回しのよさもあり、非常に魅力にあふれるキャンピングカーだといえる。  

クルマはミニマムだけど必要にして十分な機能性&機動力、さらにリーズナブルさを兼ね備えたぷちキャンシリーズの軽キャンパーで車中泊旅を楽しんでほしい。