超豪華!セリーヌ・ディオン
 - Gilbert Carrasquillo / FilmMagic / Getty Images

写真拡大

 歌手のセリーヌ・ディオンがオーディション番組「ザ・ヴォイス」の第12シーズンでアドバイザーを務めることをInstagramで明かした。

 セリーヌはコーチのグウェン・ステファニーとのツーショット写真を掲載し、彼女のチームのアドバイザーになることを報告。過去にはセレーナ・ゴメス、クリスティーナ・アギレラ、ギャヴィン・ロスデイルなどがグウェンのアドバイザーを務めたことがある。

 一方、ブレイク・シェルトンのチームのアドバイザーに抜てきされたのは、先日のスーパーボウルで国家独唱をしたルーク・ブライアン。以前から何度もブレイクに誘われていたらしく、ルークがようやく承諾したようだ。

 ブレイクとルークのブロマンス(男性同士の親密な友情関係)は有名で、二人合わせてブルークと呼ばれているほど。アカデミー・オブ・カントリー・ミュージック・アワードの共同司会を3年連続で務めたこともあり、このペアリングを楽しみにしている人も多いだろう。

 「ザ・ヴォイス」の第12シーズンは2月27日からアメリカで放送が始まる。(澤田理沙)