BLACKPINK「K-POPスター6」練習生たちをサプライズ訪問…“私たちの練習生時代を見ているよう”

写真拡大

「K-POPスター6」の練習生参加者たちが、BLACKPINKと“サプライズ出会い”を持つシーンが放送される。

韓国で本日(12日) 放送されるSBSのオーディション番組「K-POPスター6」では、コ・アラ、Kriesha Tiu、キム・ヘリムが「バトルオーディション」に先立って、BLACKPINKに会う場面が公開される。

「キャスティングオーディション」でYGのヤン・ヒョンソク代表に選ばれた3人は、5ラウンド「バトルオーディション」を控えYG ENTERTAINMENTの練習室で練習している途中、BLACKPINKのメンバーたちに会った。

3人は、突然練習室を訪れたBLACKPINKを見て驚いた表情を見せた。なかでも、BLACKPINKの大ファンだというコ・アラは誰よりも嬉しそうだった。感激した声で、BLACKPINKに「私、BLACKPINKのことが大好きです」とはにかみながら告白したのだ。コ・アラはその後のインタビューで、「BLACKPINKが出る動画や写真は全部録画するほど大ファンだが、実際に会うことができて本当に嬉しかった。顔は小さくて足は長いし、とても不思議だった」と本物を見た感想を述べた。

練習生たちとBLACKPINKが会った練習室は、実はBLACKPINKがデビュー前に5年以上毎日のように練習していた場所だったことが分かった。3人の練習する姿を外でこっそり見ていたBLACKPINKは、「私たちの練習生時代を見ているような気分だ」と言って、過去を懐かしむような表情も見せた。

BLACKPINKのJISOO、ジェニー、ROSE、リサは自身の練習生時代の経験を生かし、3人にアドバイスや応援のメッセージを送った。特に、オーストラリア育ちのROSEは、アメリカの家族と離れて生活しているKriesha Tiuに大きく共感する姿を見せたという。BLACKPINKと「K-POPスター6」練習生たちとの出会いは、本日(12日) 午後9時15分、サバイバルオーディション番組「K-POPスター6」で確認できる。