ウォルト・ディズニー・カンパニー・チャイナは8日、上海ディズニーランドの来園者数が昨年6月16日の開園以来、延べ700万人を超えたことを明らかにした。

写真拡大

ウォルト・ディズニー・カンパニー・チャイナは8日、上海ディズニーランドの来園者数が昨年6月16日の開園以来、延べ700万人を超えたことを明らかにした。春節連休(旧正月、今年は1月27日から2月2日まで)中も大勢の来園客でにぎわった。新華社が伝えた。

ウォルト・ディズニー・カンパニーのロベルト・アイガーCEOは、「われわれは上海ディズニーランドの盛況ぶりに非常に興奮している。開園1周年の時点で、来園客数は累計延べ1000万人を上回るかもしれない。上海ディズニーランドの人気と来場者の満足度は高まり続けており、春節連休中は非常に多くのゲストが来園した。このことにより、今年の財政年度に上海ディズニーリゾートの業績黒字を達成することに対する自信が高まった」と話した。(提供/人民網日本語版・編集/KM)