【大阪オートメッセ2017】海と山! ダイハツがアウトドア派必見のカスタムを提案

写真拡大 (全8枚)

アクティブな雰囲気を内外装で演出

2017年2月10日から12日までの日程でインテックス大阪にて開催されている大阪オートメッセ。地元大阪のダイハツブースでは4つのカテゴリーでコンセプトカーを制作。今回はそのなかからアウトドアレジャーにピッタリなCROSS FIELD(クロスフィールド)とBeach Cruisin’(ビーチクルージン)をご紹介したい。

キャストアクティバ(クロスフィールド)

キャストシリーズのなかでもアウトドアテイストを持ち合わせたアクティバをベースに、さらにSUV感を強調したのがこのモデル。マットグリーンのボディカラーに、迷彩カラーをルーフ、ミラー、フォグランプベゼルに配置し、ミリタリー調の雰囲気を醸し出している。そのままでは暗いイメージになってしまいがちなミリタリー調カラーだが、効果的に配されたオレンジが効果的なアクセントとなっている。

ウェイク(クロスフィールド)

スーパーハイト軽ワゴンとしてアクティブなユーザーを中心に人気を集めているウェイクも前述のキャストと同様のテイストでまとめられていた。車両の隣にはテントが用意されており、こういった使い方をすると楽しそう! と素直に思えてきてしまう。もともと背の高いウェイクがベースということで、カーサイド型タープテントにしてもよさそうだな……と妄想が膨らんでしまった。

夏が待ち遠しくなるビーチクルージン

ブーン(ビーチクルージン)

ビーチクルージンという名前の通り、海辺をゆったり流すのが最高に似合う雰囲気を持っているのがこちらのブーン。派手すぎない水色のボディカラーに、木目調のラッピングシートで適度なユルさを持たせている。また、内装にはザックリとした素材のシートマテリアルに、外装と同じ水色と木目調を合わせてカジュアルな印象となっているのもポイントだ。

ムーヴキャンバス(ビーチクルージン)

もともと可愛らしくクラシカルな雰囲気を持ち合わせているムーヴキャンバスをベースに、キャルカスタムテイストを盛り込んだのがこちらの車両。専用の前後ライトカバーにフロントグリル、ピラーカバーなど、数多く手が入っているが、前後バンパーに装着されているメッキバンパー風のこれ、じつはラッピングで再現しているというから驚き。 ホイールもスチールホイールにセンターキャップを装着しているかと思えば、アルミホイールだったりするのだ。