東京V、DF井林章が3年連続で主将に「より一層責任を持って頑張る」

写真拡大

 東京ヴェルディは12日、2017シーズンのキャプテンと副キャプテンが決定したことを発表した。

https://twitter.com/TokyoVerdySTAFF/status/830619861650771968

 キャプテンは26歳のDF井林章が3年連続で務めることに。同選手は「今年で3年目のキャプテンをやらせていただくことになりました。今年はより一層責任を持って、一致団結してこのチームを引っ張っていけるように頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします」とコメントを発表。意気込みを見せている。

 また、副キャプテンにはMF中後雅喜とFW高木大輔が任命された。中後は「責任感を持って、チームがまとまれるように頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします」と、高木は「今シーズンは第3キャプテンということで、去年やった経験とイバ君がいるので、イバ君を支えながら、自分はチームを常に明るく前向きにできるように自分らしく頑張っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします」と、それぞれコメントを発表している。

 東京Vは26日、明治安田生命J2リーグの開幕戦で、徳島ヴォルティスと敵地で対戦する。