11日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版サイトは記事「安倍首相を驚かせた、トランプ大統領の握手=トランプ式握手がネットで話題に」を掲載した。トランプ大統領が力強く安倍首相を引き寄せ、2人の顔が限りなく接近するという一幕もあった。資料写真。

写真拡大

2017年2月11日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版サイトは記事「安倍首相を驚かせた、トランプ大統領の握手=トランプ式握手がネットで話題に」を掲載した。

2月10日(現地時間)、トランプ大統領と安倍晋三首相の首脳会談が行われた。メディア向けに2人が握手をしている姿の撮影が行われたが、そこで演じられた「トランプ式握手」がネットで話題となっている。

19秒間握手は続いたばかりか、トランプ大統領が力強く安倍首相を引き寄せ、2人の顔が限りなく接近するという一幕も。握手が終わった後、安倍首相は「解放された!」といわんばかりのほっとした表情を見せたことからも、トランプ式握手が普通とは違うものであったことは明らかだ。

ボディーランゲージの専門家である元南カリフォルニア大学のリリアン・グラス氏は、堅い握手は「あなたとともにある」「あなたのことが好きだ」というメッセージを発していたと分析する。安倍首相が驚きの表情を見せたことについては、日本人の握手は非常に弱々しいため、米国式の強い握手に慣れなかったのだろうと分析している。(翻訳・編集/増田聡太郎)