SEVENTEEN「不朽の名曲」初出演で圧巻のステージを披露…オム・ジョンファも絶賛

写真拡大

SEVENTEENが「不朽の名曲」に初出演し、SEVENTEENにしかできない最高のステージを披露した。

韓国で11日に放送されたKBS 2TV「不朽の名曲」では、“歌手オム・ジョンファ特集”第2部が開催された。同番組でSEVENTEENはオム・ジョンファの「話してくれ」を歌い、視線を集めた。

この日、10番目のステージに登場したSEVENTEENは、オム・ジョンファがフィーチャリングを務めたJinusean(ジヌション) の「話してくれ」を選曲し、ステージに登場する前からエネルギー溢れる姿で意欲を見せ、期待を高めた。ステージが始まるや否や、高音を出して注目を集めたSEVENTEENは、その後続いたパフォーマンスでも視線を集め、皆が楽しめるステージを披露した。

特に、SEVENTEENの2ndミニアルバムのタイトル曲「MANSAE」の歌詞が入ったり、編曲されたラップ歌詞の中にオム・ジョンファのヒット曲のタイトルが入るなど、SEVENTEENのセンスが輝いた。それを見たMCのチョン・ジェヒョンは、「最近見たアイドルのステージの中で最も印象深くて、断トツトップだった」と言い「まるでSEVENTEEN自身の曲のような完成度の高いステージで驚いた」と評価した。

さらに、オム・ジョンファは「ステージを見て元気をもらった。編曲してくれた構成も本当に良くて、『D.I.S.C.O』『Watch Me Move』まで驚くばかりだった。無意識に踊りたくなって、本当に格好良かった。可愛い!!」と言って、SEVENTEENのエネルギー溢れるステージを絶賛した。

SEVENTEENは2月10〜12日までソウル蚕室(チャムシル) 室内体育館にて、初の公式ファンミーティングを開催している。