リフトの代わりにクルマで斜面を登る! スバル ゲレンデタクシーが凄い

写真拡大 (全9枚)

思わず何回も乗りたくなる

スバルが開催する冬の恒例イベント「ゲレンデタクシー2017」が今年も開始された。今シーズンは2月5日、6日に長野県にあるエコーバレースキー場、2月18日、19日に岐阜県にある高鷲スノーパークの2か所で開催。今回はシーズン初開催となるエコーバレースキー場での様子をリポートする。 

ゲレンデタクシーとはスバルのSUVがスキー場のゲレンデをリフトの代わりにスキーヤーやスノーボーダーを乗せて運ぶ乗車体験型のイベントだ。

乗車方法は至って簡単。受付にて同意書に記入をし、TwitterやFacebook、instagramなどのSNSに乗車口に展示されているゲレンデタクシーと共に記念撮影をして、#ゲレンデタクシーというハッシュタグと共に投稿するだけ。乗車は無料で、もちろんスキーやスノーボードも一緒に運んでくれる。

実際にゲレンデタクシーとして使用されるクルマは、スバルのSUVシリーズのなかでも高い人気を誇る「レガシィ アウトバック」「フォレスター」「SUBARU XV ハイブリッド」の3車種。

驚くことに、初級者コースとはいえクルマにとっては急斜面である最大斜度10°という斜面を、なんと市販のスタッドレスタイヤだけで登っていく。装着されているタイヤはミシュランの最新スタッドレスX-ICE XI3。クルマは完全なノーマル仕様となっている。実際に乗車してみると、まさに「駆け上る」という言葉が相応しいほどかなりのスピードで力強く登っていく。プロドライバーによる走行ならではのアグレッシブな走りも体験できるのがゲレンデタクシーの魅力のひとつといえる。乗車する際に「ちょっと激しめで」というリクエストをしたところ、ドリフトやサイドターンなどのサービスもしてくれた。まさに遊園地のアトラクションのような楽しさも満喫できる。スキー場でスキーやスノーボード以外に無料で楽しめることを考えると毎年人気のイベントということもうなずける。

会場で実際に乗車人に体験した感想も聞いてみた。

体験者の声

武居 恵美さん

.殴譽鵐妊織シーはどこで知りましたか?

スバルのFacebookですね。もちろんいいね!してチェックしています(笑)年末に公表されてから待ち遠しかったなあ…。

▲殴譽鵐妊織シーに参加したのは何回目ですか?

去年に続き2回目です。もう4回も行っていたとは……。

今日は何回乗車しましたか?

2回です。1本目は上まで行って、帰りは滑って降りてきました。せっかくの「タクシー」なので。2本めは行きも帰りも乗ってきました。

 ぞ莠屬靴燭覆で気になるクルマはありましたか?

XVですね。購入を検討しているのですが、タイヤが大きいぶんコストが……。住んでいるのが長野県なので、ノーマルとスタッドレスタイヤを両方買わないといけないので。そこが少しネックですね。

ゼ尊櫃望莠屬靴心響曚鬚願いします。

やっぱり楽しいですね! テッカテカになった路面を、トラクションコントロール、VDCを作動させながらグイグイと走っていく感じが。「あ、これ行けちゃうの?」みたいな。むしろ自分で行きたくなる(笑)。やはりスバルのAWDは最強ですね。

あとはドライバーさんも、色々と運転しながら「今どうなっていますよ」とか、「こんな風にやっても滑らないんですよ」とか親切に説明してくれますし、スタッフさんもノリが良くて随所で楽しませてくれます。並んで乗車を待っていても本当に退屈しないですね。

白井 真央さん

.殴譽鵐妊織シーはどこで知りましたか。

スバルの公式HPで知りました。

▲殴譽鵐妊織シーに参加したのは何回目ですか?

初めてです! 昨年も行きたいと思っていましたが、中々行く機会が出来ず 見送りになっていました。

今日は何回乗車しましたか?

午後2回です。

ぞ莠屬靴燭覆で気になる車はありますか?

フォレスターターボ!  ハイパワーなクルマに感激しました。

あとは、XVハイブリッドですね。 自分がXVに乗ってるだけあって、どういう動きをするのか気になりましたが、凄くスムースに運んでくれました。

ゼ尊櫃望莠屬靴心響曚鬚願いします。

想像していたより走りが安定していたので、楽しく安全に体験することができました。

またフォレスターターボに乗ったとき、「激しめでお願いします!」と言ったら、ドライバーさんが、本気で激しく運転してくれたので、身体が飛び跳ねたのが、いい思い出です。

今回のゲレンデタクシーで スバルのSUVは最強ということを再実感したと同時に、これからもスバルについていきたいな、と思いました。スバル最高!

あまりの楽しさに1日に数回乗車する人が数多くいたことも印象的だった。また、毎年の恒例行事となっていることもあり、昨年訪れた人がリピーターとして今年も参加しているケースが多いことも、このイベントの楽しさを物語っている。ちなみに取材を行った2月4日は352組829名が参加。この数字はゲレンデタクシーを開催以来最高の参加者となったそうだ。

今シーズンは2月17日、18日に東海地区では初の開催としてシーズンラストのゲレンデタクシーが予定されている。しかも高鷲スノーパークでは全日本ラリー選手権で活躍中の鎌田 宅麻選手のデモランも予定。まだ体験したことのない人はこの機会を見逃さないようにしてほしい。あなたもきっと病みつきになるはずだ。