水戸の攻撃をシャットアウトしたGKクォン・スンテは、ゴールを守るだけでなく、攻撃面でも小さくない貢献度を示した。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 鹿島に移籍後、初のフル出場となった「いばらきサッカーフェスティバル」の水戸戦で、GKクォン・スンテは安定したセービングで無失点に抑えてみせた。

【PSM 水戸対鹿島】遠藤、鈴木、レアンドロがゴール!3-0で鹿島が勝利
 
 完封勝利という結果に、本人は「満足しています」と安堵の表情を浮かべる。ピンチの数はたしかにそれほど多くはなかったが、ハイボールの処理も危なげなく、その能力の高さを十二分に披露していた。
 
 とりわけ、キャッチしてからのフィードの速さと正確さは際立っていた。
 
「(前所属の)全北でそういったプレーがけっこう多かったんです。鹿島でもDF陣たちとコミュニケーションを取りながら、意識してやっています」
 
 ボールを預ける味方はDFだけでなく、ひとつ前の中盤の選手にも確実にフィードしていた。
 
「受けようとする動きが良いですし、少しでも早く前に進めれば、と」
 
 チーム全体の攻守の切り替えの速さは、鹿島のひとつの武器である。それは主に攻→守のシチュエーションで発揮されるが、クォン・スンテの迅速なフィードは、守→攻のスピードアップに一役買っている。
 
「敵の守備が整う前に、すぐ攻撃につなげることができますから」
 
 GKとして、まずはゴールを守るという本業をまっとうしたうえで、攻撃面でも小さくない貢献度を示す。試合を重ねるごとにフィットしてきた感のあるクォン・スンテは、守護神・曽ケ端準にとり、やはり強力なライバルとなりそうだ。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)