自分の結婚式……子供のころから妄想したり、夢見たりしていた女性も多いことでしょう。でも、マリッジブルーじゃないけど、やることが多すぎて疲れる、テンションが下がるという話も耳にします。

結婚が決まった堅実女子(いたら、おめでとうございます!)に、オススメの結婚式までの準備が楽しくなるボックスが2月14日のバレンタインデーに発売となります。

「Tama Wedding Box」1セット3000円(税込)。

結婚式までに必要なことをチェックでき、さらに2人だけのアルバムにもなるブック、結婚証明書、お手紙を書く便箋、ファイルを1つにした、プレ花嫁におすすめのボックスなのです。優しいペールトーンに、刺繍、金色の箔押しなど、どれもかわいくてオシャレ!

トレーシングペーパーに施された刺繍の「こぶしの花」。

こだわりの紙とデザインで気分も上がる!

それもそのはず、デザイナーの田中千絵さんによるトータルデザインなのです。
田中さんいわく「華やかで、上品で、どんな世代にも受け入れられる楽しさを大切にしました。また、デザインのポイントに“こぶしの花”と“けやきの葉”のアートワークを施して、視覚的にも清々しい印象を大切に作りました。“冷めないうちにアツアツのままお届け”という意味をもたせたピザのような箱など、話題になりやすいキャッチ―な要素を盛り込み、結婚式を作り上げる楽しさと、思い出に残る仕掛けを意識しました」

確かにピザのボックスっぽい!

そしてこれらの美しい加工は「かみの工作所」の福永紙工によるもの。大事な結婚式に向けて、大切に使って一生の宝物にしたくなりますね。

2人の結婚証明書と便箋が収まるファイル。使うのがもったいない……と言わず、使いましょう! 使ってください!!

結婚式までに必要なことが確認でき、写真を貼れば2人だけのアルバムになるブック。使われている「スノーブル」という紙の名前は、snow(雪)、Noble(気品のある)という意味があるんですって。

こんなBoxを入手して、アルバムを作ったり手紙を書くなんて、本当にテンションが上がりそうですね。かわいすぎる!! 多摩エリアでは、デザインをもって地域活性に取り組んでいるそうです。彼と結婚式場見学に行って、このBoxを入手するのもいいですね。TAMAウエディング推進会 式場・ホテル会員施設にて販売されるので、要チェックですよ! 

URLはこちら http://tamaweddingbox.com