写真提供:マイナビニュース

写真拡大

元SMAPの木村拓哉が主演を務めるTBS系ドラマ『A LIFE〜愛しき人〜』(毎週日曜21:00〜)の第5話が、きょう12日に放送される。

このドラマは、愛、欲望、友情、嫉妬、プライドが渦巻く病院で、木村拓哉演じる外科医・沖田一光と彼を取り巻く医師・看護師たちが繰り広げるヒューマンラブストーリー。物語の舞台である壇上記念病院の院長の娘で沖田のかつての恋人・壇上深冬を竹内結子、沖田の幼なじみで深冬の夫である副院長の壇上壮大を浅野忠信が演じている。

第5話では、深冬が倒れ、病気の進行具合を目の前に突きつけられた沖田と壮大。手術の方法がいまだ見つけられない沖田を責め、それでも沖田を頼るしかない状況に壮大は苛立つ。また、かつて沖田を愛していた深冬が本当に自分を愛しているのか、壮大は不安にさいなまれる。

一方、関東医師会の事故調査委員に選ばれた羽村(及川光博)は、調査対象に心臓外科の権威である医師・山本(武田鉄矢)の名前があり驚く。山本は羽村と壮大の学生時代の恩師で、羽村は山本の手術の腕に心酔していた。そんな時、山本の患者が壇上記念病院を受診し、羽村に気を遣った井川(松山ケンイチ)は沖田に担当を頼む…。

(C)TBS