男性が好きな女性にだけするアプローチの方法、知りたくありませんか?

単純であり、繊細でもある男性心理とは、女性にしてみれば理解できない部分も多いですよね。

特に、意中の彼が相手ならば、アプローチなのか、からかっているのかも分からなくなるのでは?

今回は、男性心理を紐解けと銘打ち、本当に好きな女性にだけするアプローチの方法をご紹介。

あなたも意中の彼に、アプローチされていないかチェックしてみて下さい。

 

■「かわいい」「キレイ」は好意の証拠!

「かわいい」とか「キレイ」とか、面と向かって言える男性いますね。

女性に慣れていそうな男性が言ってくれば、挨拶替わりのようにも聞こえますが、これはアプローチと捉えていいです。

ただ、完全に「好き」という訳ではなく、“好感はあります”程度。

筆者も面と向かって、例え初対面でも「かわいい」とか「キレイ」とか言えるタイプの人間ですが、好感を持てない相手には、たとえキレイな人だったとしても、言いたくはありません。

あくまでも好感を持っていないと言えないことですので、あなたに言ってくる男性がいるたら素直にアプローチと思っていいと思いますよ。

 

■控えめな男性は「奉仕」でアプローチ

直接口でアプローチできない控えめな男性は、その気持ちを行動で示そうとします。

一番いい言葉は「奉仕」であると思いますが、例えば、“好きな子の仕事を手伝ってあげる”とか“お菓子やジュースを差し入れる”とか“気が利くフリをして彼女の身の回りの世話をする”などの奉仕をしたがるのが、控えめな男性のアプローチ方法なのです。

もちろん、ガツガツした男性もそれぐらいはしますが、控えめな男性はその手の間接的なアプローチしかできませんので、察しが良い女性でないと、好意に気付くことはできないでしょう。

もしも、上記のような“奉仕”をあなたにする男性がいれば、好きと思っているか、ただの世話好きな男性かのどちらかしかないと思いますよ。

 

■一緒にいる時間を作る

気が付けばいつも近くに彼がいる……。

もしそれが意中の彼ならば、淡い青春映画のような物語になりそうですが、嫌いな男だったならば、それはただのサスペンス映画になってしまいますね。

でも、男性が好きな女性へアプローチする方法の1つに、一緒にいる時間を増やすというものは確かにあるのです。

例えば、好きな女性が帰るまで飲み会に居続ける、勤務時間を合わせる、喋りかけなくても近くにいてチャンスを伺う、などをして、できるだけ一緒にいる時間を増やそうとします。

不器用なアプローチ方法ですが、上手く言葉でアプローチできない男性や、女性の前で気取ってしまう男性は、この手の手法で何らかのチャンスを願い、お互いの諸々の距離を縮めようとするのです。

 

上記のアプローチ法を聞けば、とってもわかりやすそうに感じますよね。

でも、意中の彼のアプローチはどこか疑ってしまい、どうでもいい男性のアプローチは見落としてしまいがちです。

あなたの周りにも、実はアプローチをしている男性がいるかもしれませんので、周囲の男性の行動を見逃さないように、よ〜く観察して下さいね。

【画像】

※ diignat/shutterstock

【関連記事】

※ 彼氏とか関係ねぇから。恋人がいても奪いたくなる女性の特徴

※ ちょ、待てよ!男が「エッチを途中でやめたくなる」瞬間

※ もしかしてバレバレ!? 男が「この子最近ご無沙汰だな…」と思う瞬間

※ 男が猛ダッシュで逃げる!やりがち「ゼクハラ」行為3つ

※ もうこいつとは…男がドン引きする「ラブホでのご法度」4つ

※ 男を夢中にさせる。イイ女が使うエッチ中の秘技4つ