無気力な子を再生させる親は「肉を焼く」

写真拡大

■難関一貫校を追い出された子に親はどう接するべきか?

前回はせっかく入った中高一貫校なのにドロップアウトをしてしまう生徒のタイプを挙げてみた(「祝合格した難関校をドロップアウトする子と親の特徴5」http://president.jp/articles/-/21162)。今回はそういう事態に追い込まれた時に親が「対策」として講じるべきポイントを挙げてみたい。

過去、中高一貫校から事実上、追い出された子どもたちをたくさん見てきたが、そんな一大事から10年ほど経った後、そうした子たちの立ち位置はどうなるか。ふたつのパターンに分類されるように感じている。

・すなわち自分の人生を楽しめている子たち
・いまだ挫折感の中にいて社会に出ることができないでいる子

この2パターンに分かれるのだ。

その違いは親の考え方、そして行動によるものが大きい、と私は思う。かように親は子どもに良くも悪くも強烈な影響を与えてしまうものなのだ。

憧れの中高一貫校からの放校は親にしても大いなる挫折感を伴うものだが、この時に親が子どもよりも先に意識改革を行うことができるかどうかで全てが決まってしまう。それでは、どういう親だと「無気力化した子」が再び立ち上がるようになるのかを5つ挙げたい。

▼「無気力化した子」を見事再生させる親の共通点1
【自分の価値観だけが常に正しいと思い込まない】

今やノーベル賞作家であるボブ・ディラン。彼の有名な歌の中に『時代は変わる』(THE TIMES THEY ARE A-CHANGIN')がある。その中にこんなような意味のフレーズが出てくる。

「国中の父親よ母親よ、自分が理解できないからって子どもを非難するな」

こうした状況は、とりわけ親自身が真面目で勤勉であるほど陥りやすい。自分の子が「嫌だ」または「めんどう」という理由でやるべきことを放置し、さらにサボることに対し何とも思わないということが到底理解できないで悩み、そして子どもを責め続けるのだ。

私に言わせれば、それは子どもが「何とも思わない」のではなく「思わないフリ」をしなければ、立っていられないほど世の中全てから追い込まれて、フリーズしている状態なのだ。

これを責めても何の解決にもならない。それどころか我が子は親の支配から逃れることだけを願い、しかし現実には親の庇護がなければ生きられないという矛盾に接し、自分の人生に「無関心」という体を装い対抗してくるだろう。

ボブ・ディランはこう続けている。

「手を貸してやれないなら、邪魔をするな。時代は変わっていく」と。

思春期を責めることや説教は「邪魔」にしかならないことをまず親自身が学ぶことが第一段階ではかなり重要なことになる。

■子育てに悩んだら、鼻歌まじりで「肉を焼こう」

▼「無気力化した子」を見事再生させる親の共通点2
【何かに迷ったら、においで育てる】

私が憧れている女性に料理研究家の坂井より子さんがいる。彼女は言う。

「家の中に“おいしいにおい”を漂わせておけば、子どもは自然といい子に育つ」と。

つまり、玄関を開けると鰹節の出汁のにおいがしたり、クッキーを焼いているバターのにおいがしたり、夜、布団にもぐったらお日様のにおいがするということを指す。

働きながら家事も育児もこなす多忙な「お母さん」には酷な話ではあるが、この話はひとつの真理を語っているとも思う。

子育ては言葉よりも、日々の空気感の方が圧倒的に子どもの深層心理に残るのだ。記憶の中にあったかく、やさしく、守られていたというピースが多い人は間違いなく幸せだからだ。

それを踏まえて、もしあなたが子どもの態度に思い悩んでいるならば、こうすればいい。

「何も言わずに肉を焼く」

親が口を開くとロクなことにはならない。ならば、黙って肉を焼こう。もし、どうしても我が子と会話したいなら、こう言えばいいのだ。

「ねーねー? 今日は何肉、食う?」

ここで母が「狐? 狸? それとも馬? 鹿?」くらい言えたら最高だ。あなたが缶チューハイ片手に鼻歌まじりでフライパンの肉を炒められるようになったなら暗闇からの脱出は間もなくだ。

▼「無気力化した子」を見事再生させる親の共通点3
【条件を付けない】

かつて名門高校から追い出された生徒が私にこう言った。

「俺の親は○○高校に在籍している俺が好きであって、○○高校の肩書が消えた俺はいらない存在なんですよ」

また別の名門校をドロップアウトした生徒はこう言った。

「俺、親父からこのまま家に引きこもっているなら20歳で追い出す。野垂れ死にでもするんだなって言われたんですよ。だから、俺、20歳になったら自分で死にます」

人より優れている子が欲しい、あるいは世間体の悪い子はいらないという発想の親の子育ては迷走する。

まず、我が子が存在して、それから初めて条件が付くのだ。その“優先順位”がわかっていない親は案外多い。先に条件ありきになると、我が子は自らその存在すらも消してしまうだろう。

■心配性の親は勝手に不安を増幅して子を潰す

▼「無気力化した子」を見事再生させる親の共通点4
【「大丈夫?」と聞かずに「大丈夫!」と言う】

親が子育てで一番やってはいけないことの筆頭にあげたいのは、己の不安をこともあろうに我が子に直接ぶつけることである。

特に心配性の親は我が子の将来が不安でしかたないので、その気持ちを解消したいがためだけに「大丈夫なの?」というメッセージを常に我が子に送り続け、我が子を不安で煽るのだ。

まだ来てもいない未来を心配し過ぎるのは賢明ではない。訪れてもいない不幸を未来予想しても意味がない。経験値が圧倒的に少ない分、不安なのはあなたよりもむしろ子ども自身なのだ。

その子に向かって、例えどういう状態であろうとも「大丈夫!(何とかなる)」と言い切りの形で言葉を結べる親の子は本当に「大丈夫!」なのである。

▼「無気力化した子」を見事再生させる親の共通点5
【敵(子ども)の予想の圧倒的、斜め上を行く】

ある名門校で学校から放校をチラつかされ、やる気の欠片すらも失った高1生がいた。

普通ならば家庭教師を付けたり、塾の個別教室に押し込んだりして、何とか赤点を脱出しようと親の方が足掻くものなのだが、その母は違っていた。

息子には何も言わず、何も聞かなかったそうだ。今までどおりに接している中で、学園祭が近付いてきたらしい。

その時、その母は子どもに1万円札を渡しながら、こう言ったと聞く。

「(最後の学園祭かもしれないから)これで思う存分、弾けなさい」

レインボーに髪を染めた彼は祭り終了後に突然、勉強スイッチが入って教師陣の度肝を抜いた。

のちに彼が私に語ったことには「お袋には叶わない」ってことだった。「俺、親に信用されているんだって思った」と言ったのだ。

私はよく中高一貫校在籍母から「子どもの成績が落ちたのでペナルティとしてお小遣いを減らしました」という相談とも結果報告ともつかないメールを頂いたりするが、これは非常に危険なやり方だ。

罰からはプラスなものは何も生まれない。むしろ拒絶と嫌悪感を新たに生むだろう。子どもが欲しているものは「親からの承認」だけなのだ。

例え、今、褒めるところが何もないと思っても、その存在を否定しない。さらにできるならば「(子どもの幸せな未来を)ただ信じる」。

これが重要だ。

我が子を信用できるのも親、そして我が子に元気をチャージできるのもまた親。窮地に追い込まれた時だからこそ、親が我が子にできることはたくさんあるのだ。

(エッセイスト、教育・子育てアドバイザー、受験カウンセラー 鳥居りんこ=文)