【詳細】他の写真はこちら

幸せってこういうことなんだなあー。

立春を迎えたもののまだまだ寒い季節が続きますが、暖かくなる季節を見据えて、家族旅行を予定しているご家族も多いんじゃないでしょうか。そんなお子さんを連れての家族旅行や外出に大活躍してくれそうな、子供用の手押し一輪バギー『unirider』はいかがでしょう?



気持ちいい太陽の下で、楽しそうに笑うお子さん。これ以上の幸せって、そうはありませんよね。



『unirider』はお子さんを安定して乗せながら、結構なスピードで走り回ることができます。子供用の乗り物ってさまざまな種類はあるのですが、その乗りやすさはイマイチですし自分の目が届く範囲から離れてしまうことも不安ですよね。でも、このバギーならいつでもお父さんお母さんと一緒です。



イギリスのSimon Langhamさんが2011年から構想を進めてきたこのバギー。彼のお子さんが3歳になった時、ただ手押し車に座っているのは飽き飽きしていたそうなんです。そこで、より「ファン・トゥ・ライド」な乗り物が必要だと思い、この『unirider』を開発しました。

12インチのホイールは芝生から海岸まで、さまざまな地形を走破可能。また本体も軽量なので、遊び終わった後には家や車に簡単に持ち込むことができます。あと、駆け回りながらバギーを押しているお父さん、お母さんにも健康効果があるかも……? まぁ難しいことは考えずに、お子さんとあちこちこのバギーで外出してみてください。



『unirider』はオンラインショップにて、100ドル(約1万1000円)にて販売中。ショッピングカートでは日本への配送も選択できました。お高い子供用のカートよりも、『unirider』でアクティブにたくさんの思い出を作りたいですね!

文/塚本直樹

関連サイト



unirider(公式ページ)

関連記事



9万円以下! スマホ操縦式・電動スケボー『E-GO2』国内発売【公道NG】

街中スイスイ〜!セグウェイみたいな小さい乗り物『Solowheel Iota』

自転車なの? それとも歩いてるの? 新しい乗り物「ウォーキングバイシクル」って何だ?