口実をうまくつくろう!男性から上手に「デート」に誘わせるテク

写真拡大



気になっている男性がいても、なかなか簡単にはデートにまではこぎつけられないですよね。

そんな場合は、男性が誘いやすくなるように、多少は女性の方からも動いてあげることが大事でしょう。

そこで今回は、男性から上手に「デート」に誘わせるテクを紹介します。

■1.それとなく「行きたい場所」を告げる

「『あのレストランに行ってみたい』とかそれとなく告げてあげると、『今度行ってみようか』なんて誘ってもらえやすいです。気になる場所は、会話の中で教えてあげるべきですよ」(25歳/女性/総務)

気になる男性と会話をしているときに、さりげなく自分が行ってみたい場所を告げる。実はこれはかなり有効的な方法です。話題のプレイスポットや新しくできたレストラン、最新作の映画など、気になっているものを教えてあげるのです。そうすると、「じゃあ、今度行ってみようよ」と、男性も気軽に誘いやすくなる。デートに誘い出す口実を与えてあげることは大事なポイントですよ。

■2.「教えてほしい」とお願いする

「『ゴルフ教えてくださいよ』ってお願いしたら、すぐに誘ってもらえましたよ。それをきっかけにかなり仲良くなれるので、一気に距離を縮めることができる作戦ですね」(27歳/女性/販売)

自分の趣味などに女性が興味を持ってくれると、男性もうれしい気持ちになるものです。しかも、その趣味を「教えてほしい」なんて言われたら、その女性のことが可愛らしくも見えちゃうはず。「サーフィン教えてください」とか「ゴルフに連れて行ってください」と言われたら、「仕方ないな、教えてやるか」とちょっと優越感にも浸れます。「教えてください」というスタンスを取ると、男心を上手にくすぐれますよ。

■3.「土日に予定がない」と伝える

「休みの日に特に予定がないことを教えてあげると、男性もかなり誘いやすくなるはず。『今週末はヒマなんですよ』とか、会話の中であえて言ったりしますね」(30歳/女性/メーカー)

「土日に予定がない」とか「休日はいつも暇している」と聞くと、男性も一気に声がかけやすくなります。断られる心配が少なくなりますし、他に遊んでいる男の影もないことがわかるので、デートへのハードルがかなり下がるもの。会話の中で、休日が空いていることやすることがなくて困っているといったことを伝えてあげると、男性の中に「誘ってみようかな」という気持ちも芽生えやすいですよ。

■4.「断らない」ことを示す

「『たまにはご飯に連れて行ってくださいよ』とか『全然誘ってくれないですよね』など、こっちは断ったりしないということを示してあげると、男性は一気に誘いやすくなるはず」(28歳/女性/出版)

男性はプライドが高い生き物なので、「断られるかもしれない」という思いがあると、なかなか女性を誘うことができません。なので、「断る可能性が低い」ことを実感させてあげることはとても重要。それには、普段からある程度は好意があることを見せてあげるべきです。もし勇気があるのなら、「たまには誘ってくださいよ」と、あなたの方から誘導してみるのもアリかも。

■おわりに

男性から「デート」に誘わせるには、女性もうまく誘導してあげることが大事です。「誘っても大丈夫だ」と思わせてあげることができると、男性も声をかけやすくなるでしょう。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)