【バレンタイン簡単レシピ】炊飯器で作る3層構造のガトーマジックケーキはいかが? ふわふわ、モチモチ、とろとろの3つの食感が味わえるよ♪

写真拡大


バレンタインデーに、最近の男子高校生は男子同士で手作りの友チョコなどを配ると聞きました。本当でしょうか。時代は変わったものですね。なーんて時事ネタを話すだけでスルーしかけているバレンタインデーですが、当日が迫ってくると「やっぱり、何かバレンタインデーらしきことをしとくかな」と思ったりしませんか。私はいつも当日になって焦ります。

ということで、急遽思い立っても作りやすい、ちょっと変り種のスイーツレシピを考えてみましたよ。レシピは、ふわふわしたスポンジ層、とろとろのカスタード層、もっちもちのフラン層の3層からなる「マジックケーキ」です。それがなんと、炊飯器で手軽に作れちゃうんです。

【マジックケーキの作り方】

・材料:3合炊き炊飯器サイズ


・ホットケーキミックス 50g
・ココアパウダー(無糖のもの) 20g
・きび砂糖(なければ白砂糖) 60g
・ 卵黄 2個分
・卵白 3個分
・無塩バター(なければオリーブオイル) 50g
・牛乳 250ml

※卵黄は2個分だけ使います。残ったものはお醤油かけてご飯に乗せて食べちゃってください。
※砂糖は2回に分けて使うので40gと20gに分けておいてください

・作り方

1. 卵黄2個分に砂糖を40g加えて白っぽくなるまでよく混ぜる。

2. 無塩バターをレンジで溶かして1と混ぜ、ホットケーキミックスとココアをふるい入れて牛乳を加え、よく混ぜる。

3.卵白を泡立て、少しツノが立ったら残りの砂糖20gを加えてしっかりと泡立てる。ピンとツノが立つようになるまで徹底的に泡立てる。

4. 内側に分量外のバターを塗った炊飯器のかまに2を流し込み、その後3を手早く加えて軽く混ぜる。メレンゲは混ざりきらずに浮いている状態でOK。混ぜすぎて泡がヘタるとふくらみが悪くなります。

5. すぐに早炊きコーススイッチオン。焼けたケーキが冷めたら、きれいな形に切りぬけば、できあがりです!

【卵白を泡立てる時の注意点】

卵白は卵黄と分けてから一晩ほど冷蔵庫で寝かせたうえで、氷水でボールを冷やしながら行うと、泡だてやすくなります。ボールが濡れていたり、油分が付いていたりすると泡立たないので気をつけて!

ハンドミキサーではなく、手で泡立てる場合は、冷凍庫にボールが十分入るスペースを作っておくのがおすすめ。手が疲れたら卵白の入ったボールを冷凍庫に入れて休むと、泡だてがしやすくなります。

【ココアパウダー抜きの方がもっとふんわり】

今回はバレンタインデーということでココアパウダーを使いました。ただ、ココアパウダーが入るとケーキは少しふくらみが悪くなります。しっかりチョコ味じゃなきゃ嫌という場合以外は、ココアパウダーを控えめにするか、ココアパウダー抜きで作って、仕上げにココアパウダーを振るうと作りやすいです。

1口で3つの食感が楽しめるマジックケーキ。バレンタインデーらしく、アラザンなどを飾れば気分も盛り上がりますよ! おためしあれ。

調理・撮影・執筆=山川ほたる (c)Pouch

この記事の動画を見る