『相棒-劇場版IV-』初日舞台挨拶より。前列左から山口まゆ、鹿賀丈史、水谷豊、反町隆史、鈴木杏樹。後列左より片桐竜次、小野了、神保悟志、川原和久、山中崇史、橋本一監督

写真拡大

人気シリーズの劇場版第4弾となる『相棒-劇場版IV-首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』。2月11日に全国347館で封切られれたこの映画の初日舞台挨拶が丸の内TOEで行われ、水谷豊、反町隆史、橋本一監督をはじめ、山口まゆ・鹿賀丈史ら劇場版ゲスト陣。鈴木杏樹、川原和久、山中崇史、神保悟志、小野了、片桐竜次らレギュラー陣が勢揃いし、この日で映画『相棒』シリーズの累計観客動員数が1000万人を突破したことを祝した。

[動画]人気シリーズの劇場版第4弾『相棒 劇場版IV 』予告編

また、前作『相棒-劇場版?-』(2014年4月26日公開/興収21.3億円)と比較し、現時点で観客動員数が約190%なことや、劇場版シリーズ最高の興行成績を収めている『相棒-劇場版-』(2008年5月1日公開/興収44.4億円)と比較して約100%の数字を記録していること。

さらに、その『相棒-劇場版-』は、1日公開で多くの劇場がファーストデイを実施しており鑑賞料金が1000円であったこと、かつ公開館数が本作の方が約50館多いことなどを加味すると、本作が劇場版シリーズ史上最高の成績となる、興収50億円超えも狙える好スタートを切ったことが発表された。