「ディープピンク」や「ティーングリーン」などお洒落にこだわるシニア向けに明るいカラーをラインアップ

写真拡大

ブリヂストンサイクルは、従来モデルよりアシスト出力を向上させたホーム系電動アシスト自転車「アシスタDX」2017年モデルを2017年2月中旬に発売する。

実用的機能を搭載したホーム系電動アシスト自転車

実用的な自転車機能を搭載した「アシスタDX」の17年モデルは、バッテリーケースの大きさはそのまま、バッテリー容量を8.7Ahから12.3Ahに約40%アップ。最大80キロと従来モデルより約1.4倍走行距離を伸ばしたという。

高出力化に合わせ、頑丈な内装3段ハブとチェーンを採用し従来モデルよりもアシスト出力を向上させた。力が弱いシニアや女性、起伏が激しい地域での長時間走行などをされる人でも安心して乗車できる。

跨ぎやすく軽量な「アルミタフステップスルーフレーム」や、小物が落ちにくい「ドレスラウンドバスケット」、空気圧を常時チェックしパンクを防止する「空気ミハル君」、後輪錠を施錠すると同時にハンドルもロックできる「一発二錠」などは、従来モデルに引き続き実用的な自転車機能として採用した。

カラーはお洒落にこだわるシニア向けに「ティーングリーン」と「ディープピンク」を加えた計5色をラインアップ。タイヤサイズの異なる26インチと24インチの2モデル。

標準現金販売価格は11万4800円(税別)。