トヨタ自動車が7日、昨年12月17日に開催した「新型プリウスPHV先行特別試乗会」の参加者の声をまとめたWebサイトを公開しました。

1

同試乗会には約3,800名の応募があったそうで、抽選で選ばれた48組の幸運な参加者がサーキットに集合。それぞれが自身の運転で走行し、発売前に同車の走り味を一足先に体験しました。

同サイトでは、試乗を体験した参加者から寄せられた生の声を紹介しており、要約すると以下のようになります。

<内外装>
見た目が良いというのが第一印象
シートなど、内装が豪華で後方の見通しも良い
11.6インチナビの画面の大きさに驚いた

<装備>
充電に普通のコンセントが使えるのが便利
ソーラーパネルに未来的な可能性を感じる
非常時に給電できるのは大きなメリット

<試乗した印象>
音が無いのにスムーズに速度が上がる経験は初めて
モーターのみで走行でき、普通のクルマより全然静か
乗り味に感動、よく曲がる

<その他>
良い意味でこれまでのプリウスとはかけ離れた感じ
移動手段としてだけでなくキャンプなど趣味が広がる
ソーラーだけで走れるガソリンが要らない時代を予感
出先で充電の心配が要らないのは心強い
ガソリン代がかなり浮いてきそう

カタログ値で60km以上(現行モデルは26.4km)のEV走行が可能で、エンジンを使わずにモーターのみで走行出来るというのが謳い文句ですが、最も驚かされるのが発進時や巡航状態からの加速性能が予想を上回っていること。

アクセルを踏んだ瞬間から高トルクが発生するモーター車特有の加速感は実に痛快で、アクセルの踏み込み量に合わせてリニアにクルマが反応します。

ガソリン車やHVに乗り慣れた人でも、長く力強く続く加速感に驚かされるのではないでしょうか。 実際、それだけの実力を有しています。

特に「EVモード」では、アクセルを全開にした際もエンジンがかかることが無く、ジェネレーター(発電機)を活用した「デュアルモータードライブ」システムにより、トルクフルで胸のすく加速感が得られます。

サーキット走行における高速コーナリングや、パイロン・スラロームにおいても、車両姿勢が安定しており、「TNGA」開発で造り込まれたプラットフォームの素性の良さをうかがわせます。

いよいよ2月15日に発売される「新型プリウスPHV」。

読者の皆さんもきっと「EVモード」での力強い加速感に驚かれると思います。目前に迫った同車の発表試乗会が待たれます。

(Avanti Yasunori・画像:トヨタ自動車)

【関連記事】

モデリスタが新型「プリウスPHV」のカスタマイズモデルを出展!
http://clicccar.com/2017/01/17/437260/

動画で見る新型「プリウスPHV」の先進ディスプレイ機能!
http://clicccar.com/2017/01/09/433480/

新型プリウスPHVの「EVモード」はやみつきになる楽しさ!
http://clicccar.com/2016/12/24/429307/

イベントで明かされた、新型「プリウスPHV」の開発秘話とは?
http://clicccar.com/2016/12/21/428357/

新型プリウスPHVで始まるトヨタのConnected戦略とは?
http://clicccar.com/2016/11/13/415460/

【関連リンク】

先行特別試乗会「PHV!」体験者の声
http://toyota.jp/new_priusphv/special/testdrive/

新型「プリウスPHV」2月15日発売!先行試乗者の声(http://clicccar.com/2017/02/12/444257/)