今年も闘会議でレトロゲームエリアを設置。巨大ファミコンコントローラーもあるよ

写真拡大 (全13枚)

2017年2月11日〜2月12日の期間で、千葉・幕張メッセで開催されている「闘会議2017」。今年もこれまでと同じく、レトロゲームエリアが設けられていたので見てきました!

会場にはファミコンやプレイステーションだけでなく、カセットビジョンやセガサターン、ニンテンドウ64も用意されており、それぞれの懐かしタイトルがプレイできます。

伝説のゲーム「スペランカー」

こちらは「バーチャファイター2」

「マリオカート64」っす

今でもシリーズが続く「みんなのGOLF」

そして今年もあります巨大コントローラー。ファミコンのものでは「スーパーマリオブラザーズ3」、スーパーファミコンでは「スーパーマリオワールド」がプレイできた。一人で操作する強者もいたが、やっぱり大きすぎるので、基本は2人でないと動かすのは難しい。しかしそれでも、呼吸を合わせる必要があるから、また難しい。

こっちはファミコンのコントローラー

スーファミのコントローラーもでかい

レトロゲームエリアに置かれていたのは家庭用ゲーム機だけではなかった。アーケード版の筐体もしっかりとありましたよ!

うおお「ディグダグ」ですか

小学生には「ゼビウス」は新鮮なんでしょうか

こちらは「アルカノイド」。小学生はプレイの方法が分からない様子でした

「マッピー」!!

エリアにはこのほかビーズでドット絵を作る体験コーナーも設置。ただで作れるといってか、結構な行列ができていました。チャレンジしたい人は早めに行った方がいいかも。

人気のドット絵ビーズ

闘会議もいよいよ今日で終わり!日曜ということで訪れる人も多いのでしょうか。

■闘会議2017

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・発売まで待ちきれない!Nintendo Switchの「ARMS」を体験してきました
・あのNintendo Switchも体験できるゲームの祭典「闘会議2017」開催中!
・マピオン季節特集で「梅まつり 梅の名所特集2017」を公開
・崩壊学園の最新作「崩壊3rd」広告イメージキャラクターオーディション開催
・ソニー・エクスプローラサイエンスで光の原理を学びながら「虹色きらきらスコープ」を作ろう