ゆず・北川悠仁がNBAオールスターゲームの見どころを解説&現地観戦エピソードを披露!

写真拡大

日本時間の2月20日(月)、北米プロバスケットボールリーグ・NBAのオールスターゲームが開催される。今回、大のバスケットボールファンであり、WOWOW NBAファミリーの一員でもある、ゆずの北川悠仁を直撃。2015年、2016年にオールスターゲームを現地観戦したときのエピソードや、オールスターの注目選手を語ってもらった。

【写真を見る】NBAを代表するスタープレーヤーと友達!?「僕はなかなかヤバいファン(笑)」と告白!

――今年も東西12人ずつ、“オールスター”に相応しい選手たちが出場します。その中でも、最多票数を獲得したレブロン・ジェームズが、13年連続で先発に選出されていますね。

レブロンは、昨シーズンと今シーズンで評価が劇的に変わりましたよね。一昨季、地元のクリーブランド・キャバリアーズに戻って、昨季に悲願の優勝を果たした。僕もその試合を見ていたんですが、スター街道を走ってきたレブロンが男泣きしているのを見て、「1人の人間としてこんなに背負っていたんだ」と思って、レブロンを近くに感じたし、感動しましたね。レブロンはNBAの完全なる“王者”になったので、スター選手が集まるオールスターで、実力、キャリア、存在感の全てにおいて“王者”としての風格やプレーをどのくらい見せてくれるのか楽しみです。

―― 2015年のオールスターでは、北川さんは囲み取材でレブロンのインタビューに成功していますが、直接話した身として、やはり思い入れもありますか?

勝手に友達だと思っています(笑)。僕、なかなかヤバいファンですね(笑)。囲み取材だったんですけど、世界中のメディアが集まっていて、他の選手と比べてもトップクラスの数の多さだったんです。その中で必死に「レブロン!」って叫んだら、振り返って話を聞いてくれて、本当に嬉しかった!それまでもすばらしい選手だと思っていましたけど、それからは、さらに強い思い入れを持って応援しています。

――テレビの画面越しでも非常に迫力のある肉体をしていますが、実際に間近で見たレブロンはいかがでしたか?

バランスがいいので、身体のぶ厚さには目が行かないんですよ。僕はプロレスが好きだったので、プロレスラーの方に握手してもらったこともあるんですが、その時に感じた「でけぇ!」って感覚とは違うんですよね。レブロンは究極的に逆三角形の体格だし、足もしなやかなので、厚みよりもバランスの良さが際立っていました。レブロンはこれまで大きなケガもないし、ほぼ無傷ですよね。プレーする相手がかわいそうですよ。人類が相手をするのは無理だと思います(笑)。

――レブロン以外では、今年のオールスターゲームで注目したい選手は誰ですか?

ベタですけど、やっぱりステフィン・カリーですね。そして、ジェームズ・ハーデン。ハーデンは今季からポジションが変わって、まさしくライバル同士だし、この2人が味方チームで競演するのはここでしか見られないですから。あとは、カワイ・レナード。彼はどんどん成長していますし、バスケファンがしびれる選手なんですよね。「こういう人、チームにいたらいいよね!」って思える。サンアントニオ・スパーズを代表する選手になりましたよね。

――今季、トリプルダブルを量産しているラッセル・ウェストブルックも選ばれましたね。

去年のオールスターでは、「今日の主役はコービー(・ブライアント)だろ!」っていう空気の中で、鬼のようにダンクかましてましたね(笑)。ハーデン、ケビン・デュラント、ウェストブルックがオールスターに出場しますけど、この3人が揃っていたって考えると、オクラホマシティ・サンダーって恐ろしい、奇跡のようなチームだったんですね。ウェストブルックは今、サンダーを背負っていますからね。去年のオールスターではあんまり応援していなかったんですけど、デュラントが抜けて孤軍奮闘している姿を見ていると、応援したくなります。

――選手の背景を知ることで、見る方の気持ちにも影響があるますよね。北川さんはNBAやオリンピックなど、さまざまなスポーツ番組に関わられていますが、出演するようになってからスポーツの見方は変わりましたか?

変わりましたね。テレビで見ていると「あいつダメだな、今回」とか、言っちゃうじゃないですか。それをしなくなりましたね。「こういうメンタリティーがあって、今こうなっているのかな?」みたいに、個人個人の選手の背景を考えながら見るようになりました。音楽でも曲ができる時期とか、歌の調子があるように、選手たちにも波があるので“今”だけを見て評価することはしなくなりましたね。

――そういう選手たちを見ていて、影響を受けることも増えましたか?

去年、レブロン・ジェームズが優勝したときに見せた涙もそうですが、いろんな物を犠牲にして、何かを背負って戦い続けている姿は、本当にすばらしいと思います。自分も音楽をやっていく上で、そうやって挑み続けていたいと思うので、励みになりますね。でも、「レブロンさん」とか言ってますけど、あの人たちみんな年下ですからね!10歳下とかですよね。彼らの方が「敬語使えよ」って話なんですよ(笑)。