毎日新聞の父のインタビューが話題

写真拡大

 2月5日に放送された『題名のない音楽会』(テレビ朝日系)で、中国人の男性ピアニスト、ラン・ラン(34才)と共演したバイオリニストの高嶋ちさ子(48才)。その美しい音色に視聴者からは絶賛の声が上がった。

 ツアーの真っただ中だが、合間にイベントやラジオ、バラエティー番組に出演する多忙ぶり。バイオリニストとしてはもちろん、歯に衣着せぬ発言でも各方面から引っ張りだこだ。

 2月1日、ちさ子の父・弘之さんのインタビューが毎日新聞に掲載され、話題を呼んでいる。父は娘の幼少期について、「極度のガキ大将」だったと振り返った。

《教師のことを「先公」と呼んだとして親が学校に呼ばれたこともある》
《男の子も女の子も手下にしていました》

 大学に入ると、その奔放さは異性関係にも及んだという。

《大学では毎日、合コンに明け暮れていましたね》
《デートから帰ったら別の男の子が待っていて、『僕だけと付き合って』と泣かれた、なんてことも》

 ちさ子といえば、昨年2月の「ゲーム機バキバキ事件」が記憶に新しい。宿題を終えるまでゲーム禁止というルールを息子が破ったことに激昂し、ゲーム機を真っ二つに。その写真を東京新聞の連載ページに掲載し、批判が殺到した。

「他にも、徒競走で1位になれなかった長男を“家に入れない!”と叱りつけたり、喘息の発作を起こした次男をコンサートに強行出演させたりと、鬼母エピソードは尽きません」(芸能関係者)

 けんかっ早い勝気な性格には理由があった。ちさ子の6才上の姉・未知子さんはダウン症。母は、医師から「20才まで生きられないでしょう」と宣告された。両親は“この子を守る子供を産む”と決意し、ちさ子と兄を出産した。

《本名「知佐子」の「佐」には「助ける」という意味を込めた》

 未知子さんは小学校の普通学級に通ったが、壮絶ないじめに遭った。

《その時、「いじめたやつらをやっつけよう」と仕返しに走った》のがちさ子だった。

「電車に乗って指をさされたり、心ない言葉をかけられたこともあるそう。ちさ子ちゃんはその度に、相手を殴ったり言い返したりしていました。乱暴だけど家族思いなんです。大声で話すのも口が悪いのも、全てはお姉さんを守るために必要な生きる術だったんじゃないのかな。お姉さんとは今もよく一緒に出掛けているのを見かけます」(近隣住民)

 ちさ子は1999年に結婚。9才と7才の息子を持つ。

「息子さんは2人とも有名私立小学校に通っています。ママ友関係も良好で、裏表のない“気のいい姉御”として好かれていますね。あの学校は専業主婦が多く、働くママは交友が薄くなりがちですが、ちさ子さんは珍しく人気者なんです。長男は空手教室に通い、次男はチェロを習っているそうです。

“やりたいことがあるなら、人様に多少迷惑をかけてもやれ”という教育方針だそうで、息子さんたちも伸び伸びと育っていますよ」(学校関係者)

 ちさ子のルーツが今、息子の子育てへと繋がっている。

※女性セブン2017年2月23日号