もしマルーン5がヘヴィメタルだったら?

メタル・バラエティネタでおなじみJared Dinesさんが、そんなテーマでマルーン5の名曲を鋼鉄化しています。

ファンクなあのナンバーは、どんなメタルーン5に仕上がったのでしょうか?



こちらはMetal Insiderが取り上げた、Jared Dinesさんの演奏。

『Animals』、『Harderto Breathe』、『Misery』、『Moves Like Jagger』、『Never Gonna Leave This Bed』、『Payphone』、『She Will Be Loved』、『Sugar』、『This Love』、『Wake Up Call』などなど、サンデーでモーニングなポップスたちがザリザリの鋼鉄ソングに大変身です。

このアレンジをマルーン5のギター・ボーカル、アダム・レヴィーンは大変気に入ったようで――




とコメント。世界一セクシーな男に絶賛されるなんて、Jared Dinesさんはメタルが得意なフレンズなんだね!
もっと読む
・YouTubeメタラー大集合! 名曲『カリフォルニケイション』をコラボ演奏
・ヘヴィメタル10種類のサブジャンルをドラムの演奏で再現
・有名ヘヴィメタルリフをメジャーキーで演奏すると?


image: YouTube
source: YouTube, Metal Insider, YouTube

(ヤマダユウス型)