彼の胃袋をつかんだら勝ち、というのは定説ですが、男の胃袋はとっても正直。一度でも「メシマズ女」認定されてしまうと、二度と食卓に戻ってきてくれないことも。

せっかく作った手料理を食べてくれないのは寂しいですが、ここは彼に文句を言う前に自分の腕を見直したいところ。
今回は“メシマズ女がうっかりやりがちなNG料理”をお伝えします。

 

■ 自己流・創作料理

創作料理といえば聞こえがいいのですが、自己流アレンジが利きすぎていて、もはやなんだかわからない料理になることはありませんか?

「一体何の調味料を入れたんだ?」「この組み合わせはないでしょ!」

大好きな人に新しい料理を食べさせたい気持ちはわかりますが、彼を実験台にしてはいけません。特に味付けの自己流アレンジは極力控え、食材やトッピングを足す程度にとどめましょう。

 

■ 全体的に水分が多い

シャバシャバしたカレーや、汁気の多い煮物……。

とろみがほしいところにとろみがない時、男は大変ガックリします。「あんかけなのに汁って……どういう感性をしているんだ?」時に人間性まで疑われてしまいます。

また、生焼けだったり火が通っていなかったりする料理もアウト。

生焼けのまま出す神経がズボラだし、彼への愛を感じません。これなら焦げすぎの方がマシです。

 

■ 味が濃すぎ

「塩分濃度を上げて俺を殺す気か!」と彼がキレてしまうほど濃い味付けも男が逃げていく原因になります。

男は、「味付けが濃すぎるといつか自分は殺されるのではないか?」と想像を巡らせます。薄いとまだソースや塩こしょう等で調整できるのですが、そもそも味が濃いと手のつけようがありません。

 

■ 分量を見ない

自分の舌に絶対的な自信を持っていて、分量も測らなければ味見もしない女性。

「お願いだから味見くらいしてくれ」というのが男の本音です。料理は分量どおりに作れば、まずヘンテコな味にはならないもの。これなら俺が作ったほうが上手い、と思われたら終わりです。

 

気が緩んでくるとついつい自己流に走ったり、味見を怠ったりするものですが、男の胃袋はとっても敏感。ちょっとでも「マズッ!」と感じてしまうとたちまち逃げてしまいます。

料理にかんしてはいつまでも手を抜かず、彼を喜ばせてあげられるよう精進したいものですね。

【画像】

※ AlenD/shutterstock

【関連記事】

※ もしかしてバレバレ!? 男が「この子最近ご無沙汰だな…」と思う瞬間

※ ドキドキするッ!男がされるとうれしいエッチなサプライズ

※ 余計に腹が立つわ…!彼氏を怒らせてしまうダメな「謝り方」4パターン

※ モテ女の魔法の言葉!恋する「あいうえお」とは?

※ 肉食女子がやらかしがちな「エッチ中の勘違い行動」3つ

※ 今日から星野源に!彼氏を「雰囲気イケメン」に大変身させる秘策