こんなお客さん最高…!「美容師が嬉しくなる」振る舞い3つ

写真拡大 (全3枚)

美容師側がお客様に綺麗に可愛くお洒落になっていただくために大事にしてることは沢山あります。今回はその中でもお客様がご来店頂いた時に美容師が嬉しい事を3つご紹介します。

普段のメイクやファッション・なりたいイメージ(服装)でごの来店

 髪の毛のイメージを決めるのにはとても重要な事のひとつです。ヘアスタイルを作るのにカットやカラー、パーマ、トリートメント、ストレート、など様々な施術内容があり、ご来店いただいたお客様の普段のファッションやメイクに合うような、もしくはなりたいイメージになるようにヘアスタイルをご提案いたします。

その方のテイストに合い、髪の毛だけが浮かない、“似合う”ヘアスタイルになるよう心がけているため、服装などからお客様の雰囲気や好みがわかることで、よりお客様に合ったスタイルを提案しやすくなります。

自分の髪質や今のスタイルの悩みをご相談してもらう

  ご自身の髪の毛で今悩んでるところをご相談いただけると言うことは、美容師にとってはとても嬉しいこと。なりたいスタイルにどのような施術が必要なのか考えることができるからです。

美容師も全てのご希望に応える事ができるわけではありませんが、お客様の今の髪の毛の状態や元々の髪質などから“なりたい自分”や“なりたいヘアスタイル”に近づくお手伝いすることができます。

髪の毛の悩みをご相談頂いただくこでご提案が出来る幅が広がることがあるので、気軽にどんどん髪の毛の悩みをご相談下さい。

次回予約を取っていただく

 次回のご予約を取っていただくことはとても嬉しいことです! 当日のスタイルが気に入ってもらえた結果。先のご予定はなかなか決めるのは難しいかもしれませんが、前日や当日などのご予約よりご希望のお時間でご予約お取りいただけると思います。

いかがでしたか。

もちろんお仕事帰りで普段の私服とは異なるときもあると思いますし、何となく髪の毛が伸びたから切りたい方もいらっしゃると思います。もちろん大歓迎です。

美容師はお客様により良くスタイル提案するために色んなことを考えて少しでもお客様に喜んでいただけるよう日々のサロンワークをしています。

美容師が問いかける質問に少し耳を傾けてもらえると嬉しいです。

 【画像】

※ Basyn / shutteerstock

【筆者略歴】

河村タカシ

大阪のヘア&メイク集団のオフィスタクシーに所属。美容室タクシーでサロン業務をこなしながら、CM、雑誌、ショーなど様々なヘアメイクの分野でも活躍中。