Block B、韓国ファンミーティングを開催…オープニングをパクキョンプロデュースの曲で飾る

写真拡大

Block Bがファンミーティングのステージを感性で染めた。

Block Bは11日、高麗(コリョ) 大学花井(ファジョン) 体育館で開かれたファンミーティングで、新しい感性ステージを披露した。特にメンバーのパクキョンが作詞・作曲した「Walkin' In the rain」をファンミーティングでオープニングステージとして公開した。

昨年発表したアルバムの収録曲である「Walkin' In the rain」は、パクキョンが作詞・作曲した楽曲だ。明るいカラーのコード進行が際立つ同曲には、パクキョンならではの感性が盛り込まれている。ここに8ビートベースのどっしりとしたリズムパターンが曲の完成度を高めている。

メンバーはこの日、曲とダンスに集中し、Block Bの感性をありのまま伝えた。スイートなパクキョンの声で始まり、メンバーたちのボーカルの魅力を最大限に高め、ファンたちの参加を誘導した。観客は起立してBlock Bのステージを満喫した。

まるでコンサートを彷彿とさせるBlock Bの今回のファンミーティングのオープニングステージは、完璧なライブとしっとりとした感性であふれていた。それとともに、これまで成長し続けてきたBlock Bの音楽的なスペクトラムを確認する場となった。

所属事務所のSeven Seasonsは、「今回の『Walkin' In the rain』のステージはファンミーティングを通じてファンたちにプレゼントする感性あふれるステージで、Block Bを待っていてくれたファンたちのために特別に用意した」と話した。

Block Bは6日、スペシャルシングル「YESTERDAY」を発売し、音源チャートで1位を獲得した。