[2.11 PSM 水戸0-3鹿島 Ksスタ]

 鹿島アントラーズは11日、いばらきサッカーフェスティバルで水戸ホーリーホックとプレシーズンマッチを行い、3-0で勝利した。

 試合は鹿島が均衡を破る。前半34分、相手のクリアミスにいち早く反応したMF遠藤康が左足を振り抜くと、ゴール左隅に吸い込まれ、先制点。キャプテンマークを巻いてピッチに立った背番号25の一発で、前半を1点リードを終えた。

 後半に入っても鹿島の攻勢は続き、同10分にふくらはぎの違和感を訴えたDF昌子源が交代したが、同27分に追加点を挙げる。相手GKのパスが味方に当たり、こぼれたボールをFW金崎夢生が回収し、ラストパス。これをFW鈴木優磨が無人のゴールに流し込み、2-0。鈴木は今オフ5試合目の出場で5得点とした。

 さらに後半39分、右サイドをオーバーラップしたDF伊東幸敏のクロスをFWレアンドロが右足で押し込み、ダメ押し。試合はそのまま3-0で鹿島が完封勝利をおさめ、水戸との茨城ダービーを制した。


●2017シーズンJリーグ全クラブ練習試合