女性を全く尊重しないとたびたび指摘されている米ドナルド・トランプ大統領から、また火種となる発言が飛び出した。資料写真。

写真拡大

女性を全く尊重しないとたびたび指摘されている米ドナルド・トランプ大統領から、また火種となる発言が飛び出した。トランプ大統領は、「ホワイトハウスの女性職員はもっと女性らしい服装をすべきだ。たとえジーンズを履いていたとしても女性らしさを追求すべき」と発言し、ホワイトハウスの女性職員たちの多くに多大なプレッシャーを与えている。人民網が伝えた。

トランプ大統領はホワイトハウスの職員に対して、いかなるときも「男性・女性らしい服装」で「おしゃれな服装」にすべきとしているが、その条件は男女で異なっている。男性職員は頭髪を整え、指定ブランドのネクタイをするだけでよいとしているが、女性職員に対する服装の条件は男性に比べて複雑だ。「女性らしい服装」であるばかりでなく「たとえジーンズでもきちんとして落ち着いて見える服装」という条件も提示している。

トランプ大統領の選挙支援団体で働く職員は、「女性職員はスカートを履くことに対してストレスを感じている」と指摘している。女性らしい服装の基準が漠然としすぎているため、このニュースが報じられると、多くのネットユーザーの間で激しい議論が繰り広げられた。女性兵士や女性消防隊員、女医、女性カーレーサーはツイッターで自分たちの軍服や制服、レーシングスーツを着た勇ましい姿を投稿し、トランプ大統領に女性らしい服装はどんなものかについて提示している。(提供/人民網日本語版・編集/YK)