ULALA SESSION イム・ユンテクさん、本日(11日)4周忌…同僚が追悼

写真拡大 (全2枚)

ULALA SESSIONのメンバー故イム・ユンテクさんが亡くなってから、いつの間にか4年が過ぎた。

イム・ユンテクは2013年2月11日、胃がんの抗がん治療を受けていたところ、死去した。彼は2011年「SUPER STAR K」出演途中、胃がん闘病中であることを明かし、視聴者から心配の声が寄せられた。そんな中でも、完璧な実力とステージで感動を届けて優勝した。

その後も彼の活動は続いた。彼はがんと戦いながらも大衆に良い音楽、良いステージを見せるために努力した。

愛する女性との愛も実らせた。彼は2012年に結婚式を挙げ、その年、娘のリダンちゃんが生まれた。その後亡くなったイム・ユンテク。彼を愛するファンと同僚たちの悲しみは言葉で表せない。4年が過ぎた今も変わらず記憶に残っている彼の音楽、今でも私たちは彼を覚えている。

この日、イム・ユンテクと厚い親交のある女優のパク・ハンビョルは、自身のInstagram(写真共有SNS) に「合いたいイム兄さん #命日 もう4周忌…直接行けなくてごめんね #イム・ユンテク #覚えていてください」という書き込みを掲載し、彼を記憶した。

イム・ユンテクと一緒に活動したメンバーのキム・ミョンフンも「ものすごく会いたい兄さん、僕が兄さんみたいに良い兄の役割をしているのか、よく分かりません。いつも子供のように可愛がってくれて、歌えるようにしてくれてありがとうございます。愛する兄さん」という書き込みで彼を追憶した。