オーストラリアで撮影を敢行

写真拡大

 女優の川口春奈が2月11日、都内の書店で、2017年カレンダー「川口春奈 CALENDAR 2017」の発売記念イベントを行った。カレンダーは、デビュー10周年を記念した企画の第1弾として、川口が22歳を迎えた2月10日の誕生日に発売されたもの。第2弾となる写真集(3月1日発売)と同じく、オーストラリアで撮影を敢行した写真で構成されている。

 「オーストラリアは初めて訪れた場所。心も解放して、リラックスしながら撮影できました」と振り返る川口は、カレンダーの仕上がりについて問われると「100点です! 等身大の表情が写っています」とニッコリ。お気に入りのカットを尋ねられると、メルボルンで撮影した5月のパートで使用されている写真を示し「衣装とメイク、それにシチュエーションも、今までにない大人っぽさが出せたんじゃないかと思います」と自信をのぞかせた。

 カレンダーの各日には「365日が記念日」というテーマのもと、10年間のスケジュールの中からピックアップされた仕事の内容が記載されている。「ファンの方と一緒に楽しめる構成」だと話す川口は「一番好きな日は?」と質問されると「12月31日」と回答。そこには「春奈にとってのお休みの日」と書かれており「『お疲れ、自分』っていう日。お仕事を納めた至福の時です」と明かしていた。

 16年は「クリーピー 偽りの隣人」「にがくてあまい」に出演し、今年は山崎賢人とダブル主演を務める「一週間フレンズ。」(2月18日公開)で1週間しか記憶がもたない障害を抱える女子高生という難役に挑戦するなど、女優としてステップアップし続ける川口。「1つ1つの仕事に対して責任を持って臨んでいきたい」と今後の決意を露わにして「芝居がなによりも大好きなので、これからもチャレンジし続けていきたい。自分の殻もどんどん破っていきたいと強く思っています」と語っていた。

 「川口春奈 CALENDAR 2017」は、2500円(税別)で発売中。