娘の父親への影響力は絶大、男性の地位しだいで社会も動かす?

写真拡大

娘を持つ男性は、そうでない男性とは異なる行動を取るものだろうか?親が子どもの考え方や行動に影響を及ぼし得ることには、恐らく誰もが同意するだろう。だが、過去の研究結果では、その逆もまた事実だと言えそうなことが明らかになっている。

最新のジャーナル・オブ・ フィナンシャル・エコノミクス(Journal of Financial Economics、JFE)によると、米国の大企業(S&P500種指数の構成企業)を対象とした調査の結果、娘を持つ男性が最高経営責任者(CEO)を務める企業は社会的責任(CSR)に関する評価が高く、娘がいない男性CEOが率いる企業の評価点を約10%上回った(調査期間は1992〜2012年)。

この結果をもたらすものは何だろうか?答えはそう複雑ではない。これまでの調査から、男性よりも女性の方が周囲の人たちに気を配る傾向があることが分かっている。また、親は子どもの好みを自分自身のものとして取り入れる傾向があることも明らかになっている。こうしたことから、娘を持つ男性の方がより利他的な考え方を持つようになると考えることができる。

JFEに掲載の論文の著者らは、これらに基づき次のような仮説を導いている。「娘がいるCEOの方が、地域社会や環境、人権の問題などに対する思慮が深く、そうした利他的な考え方が、その人がCEOを務める企業の積極的なCSR活動という形に現れる」また、こうした傾向が最も顕著にみられるのは、CEOが男性であり、第一子が娘であり、2人以上の娘がいる場合だという。

これらは、驚くような話だろうか?女性たちが交際相手の男性や夫を変えることができないと嘆く一方で、娘たちは父親に影響を及ぼすことは可能だと見られている。「娘は父親を意のままに動かすことができる」とは、よく言われることではないか。

父を変える娘の力

米連邦議会の男性議員を対象に行った別の研究では、娘がいる議員の方がリベラルな思考を持っているとの結果が明らかにされている。性と生殖に関する女性の権利については特に、娘がいる議員の方が左派的な考えを示す傾向があるとの研究結果もある。

そして、米国の連邦裁判所の判事たちもまた、娘がいる判事の方がリベラルな判断を示すことが多いという。その他、娘がいるCEOの方が女性の給与水準を高く設定しているとの調査結果もある。

JFEに掲載されている論文は、いくつかの興味深い事例を挙げている。例えば、米国の共和党は一般的に、同性婚に対して否定的だ。だが、同党所属のディック・チェイニー元副大統領は、同性婚を支持している。これは、同性愛者である娘の影響だという。

また、米連邦最高裁の故ウイリアム・レンキスト長官は、育児介護休業法を支持したことで女性に甘いなどとの批判を受けた。だが、これは離婚後シングルマザーとして生活していた娘の影響があったとみられている。

これらが意味するのは、どのようなことだろうか。企業のCSR活動への関与については、ある程度の説明がついたのではないだろうか。そして、CEOのどのような経験が意思決定に影響を及ぼすのかについても、理解を深めることができたのではないだろうか。一連の研究結果は、重要なものだといえる。学術的な観点からも、個人的な視点からも、興味深い内容だ。

ところで、ドナルド・トランプ大統領には2人の娘がいるが…いや、その点について掘り下げることは避けておこう。