「国分太一のおさんぽジャパン」(毎週月曜〜金曜朝11:25〜11:30フジテレビ系)が、2月23日(木)に放送1000回を迎える

写真拡大

'13年4月にスタートした、国分太一が日本全国を散歩する「国分太一のおさんぽジャパン」が2月23日(木)に放送1000回を迎える。

四季折々の絶景や美味、歴史ある街並み、各地に暮らす人々の魅力を発見し紹介している同番組は、'17年1月までの約3年9カ月の間に、全都道府県での「おさんぽ」を制覇。現在は、2巡目に入っており、のべ85県・約190市町村を訪れている。

1000回目に訪れた場所は、熊本。人吉市、熊本市、天草市を散歩し、熊本の魅力を伝える。

さらに今回から新企画「ご当地ガイドシリーズ」がスタート。国分がご当地の有名人と共におすすめの場所やお店を巡り、日本全国を盛り上げる! 1回目は、テレビ熊本の荒木恒竹アナが登場。荒木アナおすすめの、熊本の「絶品料理」を国分も絶賛する。

5分番組だが、ロケは「2日間で15回分収録」などのハードスケジュール。国分は「日程的には大変だったこともあるけど、例えば“城下町の作り方”も地方によって違ったり、スタジオにいるだけでは分からない知識や情報、昔の人たちの知恵をたくさん学ばせていただいて、とても充実しています」と笑顔で語った。

その土地ならではのグルメを紹介するのも見どころの一つ。国分が、特に思い出に残る料理について「山形県のかまくら中で食べた“豆もやしラーメン”は忘れられないです。体が冷えている状態で食べたんですが、とても温かいスープと長いもやしのしゃきしゃきした食感が忘れられません。あと東京では、おさんぽの途中にたまたま教えてもらった、予約が取りにくいそば屋さんに飛び入りで交渉し、特別に一口ずつ試食させていただいたこともありました」と答えた。

今後行ってみたい場所や一緒に“おさんぽ”したいゲストに関しては「島に行くと今まで知らない景色に出合える気がするので、小笠原諸島に行ってみたいです。あとゲストは、岡田(准一)くんや関ジャニ∞に関西を案内してもらうとか、地元に詳しい後輩に“知る人ぞ知る”の情報を教えてもらうのもいいですね」と思いを巡らした。

また国分は、普段の生活では、犬の散歩をするくらいだが、なるべく同じ道を通らないようにしているという。「同じ場所でも毎月ちょっとずつ表情が違っているんです。例えば桜のつぼみは1月くらいから準備していて、2月くらいからぷっくり膨らんできてとか…。そんな身近な四季の変化などにも注目しておさんぽしてみると楽しいと思います」と話した。