10日、映画「沈黙−サイレンス−」のマーティン・スコセッシ監督が、これまで経験した中でも一番と言えるほど「苦しい撮影だった」と語っている。写真はマーティン・スコセッシ監督。

写真拡大

2017年2月10日、映画「沈黙−サイレンス−」のマーティン・スコセッシ監督が、これまで経験した中でも一番と言えるほど「苦しい撮影だった」と語っている。聯合報が伝えた。

【その他の写真】

遠藤周作氏の小説を映画化し、キリスト教が禁止された17世紀の日本を舞台に、厳しい弾圧にさらされ、棄教を迫られるキリシタンと宣教師たちの姿を描く。映画の主な舞台は日本の長崎県だが、スコセッシ監督はロケ地に台湾を選んだ。このため、「沈黙−サイレンス−」は台湾でも非常に高い関心を集めている。

このほど公開された最新インタビュー動画で、台湾での長期ロケを行ったスコセッシ監督が、今までで一番と言えるほど「苦しい撮影だった」と語っている。撮影中の昨年2月に、台湾南部を襲ったマグニチュード6.6の大地震を経験したことも、大きな苦しみの一つだったという。

台湾出身のアン・リー(李安)監督の勧めで、台湾をロケ地に選んだと言われる。スコセッシ監督によると、台湾には手つかずの自然が残っており、神秘的な山霧、草の濃い色、岩の形状や海の姿など何もかもが素晴らしく、「撮りたい意欲をかき立てられた」とという。台湾の自然そのものに物語を感じるため、そこへ役者を入れ込むだけで、素晴らしい画面が成立したと説明している。

「沈黙−サイレンス−」は台湾で2月17日から上映される。(翻訳・編集/Mathilda)