え!?無料スタンプで終了…「LINEでのショッキングな別れ」エピソード3つ

写真拡大

<ミフルのGATC(Gocon And The City) vol.53>

 アナタは今までの彼氏とはどんな別れ方をしてきましたか?

 近年、もっぱら恋人同士の連絡ツールはLINEが主流だとは思いますが、最近のカップルたちはLINEで告白・別れ話も当たり前だとか!?

 そこで、15年以上に渡り2,500回以上の合コンに参加して得た、男の見極め方・成果の出し方等々、恋活・婚活に役立つ情報をつめこんだ電子書籍『GoconAndTheCity(合コン・アンド・ザ・シティ)』を刊行した筆者が、合コンレギュラーメンバーが実際に体験した“LINEでのショッキングな別れエピソード”を紹介します。

◆無料スタンプで終了

「彼とはFacebookのアプリで知り合って、1回デートした日の夜中にLINEで告られて付き合い始めました。LINEでの告白は初めてでしたが、あまり違和感はなかったですね」(27歳/IT)

 さすが平成生まれ! 今はそういう人が多いのでしょうね。

「週に1回くらいは会ってたんですが、お互い忙しくなってあまり会えなくなって、特に彼からの連絡がマメじゃなくなってきたんですよね。なのでついつい寂しさにかまけて“別れるコト考えちゃいそう”と送ってしまったんですよ。もちろん彼の気を引くためだったんですが……

 そしたら、うさぎの無料スタンプで“OKAY!”と来たんです。一瞬事態が飲み込めなかったのですが、そのスタンプで私達の関係はアッサリ終わりました」

 えっ……話し合わなかったんですか!?

「なんか、そういう気になれませんでした。所詮それだけの関係だったんだなぁ〜と思うと虚しいような悲しいような。そこまで好きじゃなかったのかも」

 LINEだけだと真意が分からないコトも多いかと思いますが、スタンプで終了はさすがに……。

◆3回目でブロック!?

「友達が開いてくれた合コンで会って、すぐ付き合うようになった彼は、エリートイケメンで素敵な彼氏だったのですが、イケメンだけに“手が早い”というか、遊び人っぽい噂もあったので、遊ばれないように慎重に進めようと考えていたのですけど……」(32歳/広告代理店)

 その気持ち、分かりますよ〜!

「彼は実家暮らしだったので、付き合ったその日のデートから一人暮らしの私の家に来たいって言ってきたんです。“家”=“エッチ”じゃないですか、普通に考えると。なので、慎重にいきたかった私は、2回目・3回目のデートでもやんわりと断っていたら機嫌が悪くなってしまったんです」

“付き合う”=“即エッチOK”と考える男性がほとんどのようなので、気持ちは分からないでもないですが。

「3回目のデートの後に“もう会うのやめよう”とLINEがきて、なんとそのままブロックされてしまい終わりました(泣)」

 う〜ん。そんなスケールの小さい男は別れて良かったと思いますが、LINEブロックするなんて、よっぽどプレイボーイのプライドが傷ついたのでしょうかね。

◆ブロック誤解が招いた恋の終わり

「行きつけのバーで知り合った彼と、ほかの友達も一緒に、グループで遊ぶようになったの。初めは全然好みじゃないし、付き合いたいなんて思ってなかったんだけど。

 そのうち友達も入れて3人でご飯行ったあと、みんなでカラオケに行ったんですけど、そこで盛り上がって彼と2人で『付き合おう』ってハナシになったんです。」(28才/証券)

 急展開ですね! それでそれで?

「飲み過ぎてつぶれた友達はカラオケ終わりで帰して、彼と私は2人で雰囲気の良いバーへ。ラブラブな時間を過ごした後、近々デートしようねって約束して、その日は終わり。」

 良い感じじゃないですか。それでデートは?

「結局しなかったの。」

 えっ! なんで?!