出川哲朗

写真拡大

11日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)で、出川哲朗が、死を覚悟したロケを明かした。

番組には出川が登場し、レギュラー出演する「世界の果てまでイッテQ!」(同)で経験した「死ぬかと思ったロケトップ3」を紹介した。

その中で1位に選んだのが、「ペットボトルロケット」。これは、ペットボトルロケットを束ねて出川が背負い、空気圧で人が飛べるのかを検証したもので、挑戦前から出川は「飛べる訳わけないわ!」と思っていたそう。

その際、番組スタッフからCCDカメラを着けてほしいと指示され、CCDカメラを取り付けたヘルメットを渋々被ったそうだ。出川は当時を振り返り、「無理矢理着けて本当に良かった。たぶんメット着けてなかったら首やって、さようなら出川くんだったんで」と、大きなケガを負っていた可能性を匂わせる。

実際に当時のVTRを確認すると、出川は勢い良く頭から砂浜に突っ込んでいた。その衝撃は相当なものだったようで、あわてて駆けつけたスタッフらに出川は「ちょっと待って!首はつながってますか!?」と聞くほどだった。VTRを見た出川も「これはホントに痛かったですね」「(首が)とんでもなくめり込んだんで」と回想すると、共演者から「すげえな!」と賞賛の声があがっていた。

【関連記事】 
出川哲朗が英会話で「宇宙」と「地球」を間違えるも奇跡的な展開をみせる
出川哲朗 「イッテQ!」のお祭り企画でまさかの補欠降格「もう最悪だわ」
出川哲朗がスティーブン・スピルバーグ監督に笑顔で指差しもらう奇跡起こす