[2.11 DAZNニューイヤー杯鹿児島R 熊本0-3北九州 鹿児島サ]

 2017JリーグDAZNニューイヤー杯の鹿児島ラウンド第3戦が11日に行われた。鹿児島県立サッカー・ラグビー場の第1試合では、ともに1分1敗のギラヴァンツ北九州とロアッソ熊本が対戦。昨季、奈良クラブでJFLのベストイレブンと新人王に輝いたMF茂平が1ゴールを含む2得点に絡む活躍を見せ、北九州が3-0で快勝した。

 北九州はGK高橋拓也がゴールを守り、4バックは右からDF弓崎恭平、DF刀根亮輔、熊本から期限付き移籍で加入したDF鈴木翔登、DF石神直哉と並んだ。中盤ではMF内藤洋平、福岡から加入のMF中原秀人がダブルボランチを組み、右に茂、左に長崎から加入のMF神崎大輔。前線はFW池元友樹と福岡から加入したFW平井将生が2トップを組んだ。

 熊本は名古屋から加入したGK野村政孝が先発し、4バックは右からDF黒木晃平、韓国からの大卒ルーキーDFイム・ジンウ、DF園田拓也、DF片山奨典。中盤はMF村上巧、札幌から加入のMF上里一将がダブルボランチを組み、右にMF岡本賢明、左に大卒ルーキーMF林祥太。前線はFW平繁龍一、岐阜からレンタル復帰となったFW田中達也の組み合わせになった。

 拮抗した試合展開から前半40分、北九州が均衡を破る。中原の浮き球パスを右サイドで受けた茂がゴール前にクロス。こぼれ球を平井が左足で押し込み、先制点を奪った。直後の41分には左サイドを突破した石神のクロスから茂が右足でシュート。これはゴール左へ外れたが、北九州が勢いを増したまま前半を1-0で折り返した。

 後半3分、北九州が相手のミスを突いて追加点を奪う。GK野村のパスミスを平井がカットし、折り返しを池元が狙うと、ゴール前にこぼれたボールを茂がシュート。一度はGKに阻まれたが、こぼれ球を茂が再び左足で押し込んだ。

 前半終了間際にイム・ジンウが負傷のためMF米原秀亮と交代し熊本は後半にも続々とカードを切り、後半33分には田中に代わって入ったMF八久保颯が平繁と2トップを組んだ。その八久保が攻撃のリズムを変えていくと、後半38分には岡本のスルーパスをPA内で受け、シュートまで持ち込んだ。

 しかし後半40分、北九州は右サイドでFKを獲得すると、石神の左足キックに鈴木が頭で合わせ、ダメ押しの3点目。堅い守備で無失点を保ったまま、北九州が3-0の完封勝利をおさめた。


●2017シーズンJリーグ全クラブ練習試合