SAPジャパンは10日、保険会社のあらゆる業務を包括的に管理できるソフトウェア「SAP for Insurance」を国内において本格的に提供開始すると発表した。

 SAP for Insuranceは、新規契約、契約管理、保険金支払、請求、会計、リスク管理、資産運用などのあらゆる保険業務を包括的に管理できる製品。商品や顧客などの多様な軸で、すべてのデータを横断的に管理できる。また、インメモリープラットフォームSAP HANAをベースにすることで、すべてのデータはリアルタイムでつながっている。

 オンプレミス型とクラウド型で提供し、全世界ではすでに500社が利用しているという。特にグローバルビジネス展開企業では、グループの共通システムプラットフォームとして採用することで、コスト削減やグローバル統制管理にも効果を発揮するとしている。